第3回 「日本の方言の多様性を守るために」

開催概要

グローバル化が進む中,世界中の少数言語が消滅の危機に瀕しています。日本の方言も例外ではありません。もし,ことばの地域差がなくなってしまったら,私たちの生活は,さぞかし味気ないものになってしまうことでしょう。このフォーラムでは,4人のパネリストがそれぞれ,奄美・沖縄方言を長年,調査・研究している立場から,子供たちに方言を伝えるための活動を行っている立場から,奄美・沖縄方言を研究している外国人の立場から,外国で少数民族の言語の調査・研究を行っている立場から,各言語・方言が置かれている現状を報告し,ことばの多様性を守ることの重要性について,みんなで考えてみたいと思います。

日時 :平成22年12月18日 (土) 13:00~17:00 (開場12:30)
場所 :霞が関 灘尾ホール (定員 300名)
主催 :大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所

プログラム


[ PDF | 575KB ]

あいさつ

影山 太郎 (かげやま たろう)
国立国語研究所長

講演

  • 琉球方言から考える言語多様性と文化多様性の危機
    狩俣 繁久 (かりまた しげひさ)
    琉球大学 教授 / 国立国語研究所 客員教授
  • 「与論の言葉で話そう」 ―バイリンガル島を目指して―
    菊 秀史 (きく ひでのり)
    与論民俗村経営 (私設民俗資料館)
  • 消えてゆく小さな島のことば
    Thomas Pellard (トマ・ペラール)
    日本学術振興会 外国人特別研究員 / 京都大学
  • 辺境から発信する言語学-シベリアのコリャーク語は今
    呉人 惠 (くれびと めぐみ)
    富山大学 教授
  • 文化庁委託事業『危機的な状況にある言語・方言の実態に関する調査研究』中間報告
    木部 暢子 (きべ のぶこ)
    国立国語研究所 教授

パネルディスカッション

コーディネイター 木部 暢子

お申し込み

申込みを締め切りました。多数のご応募ありがとうございます。

お問い合わせ先

〒190-8561 東京都立川市緑町10-2
国立国語研究所研究推進課 フォーラム担当係
Tel. 042-540-4300 (代)