NINJALコロキウム・講演会

NINJALコロキウム

国内外の優れた研究者を講師にお招きし,日本語・言語学・日本語教育のさまざまな分野について最前線の研究成果をお話しいただく講演会です。一般に公開していますので,教員・大学院生を問わず,ご自由にご参加ください。 (参加無料)

  • スケジュール : 不定期。原則として,1ヶ月1回。
  • 会場 : 国立国語研究所 2階 多目的室

講演時の所属です。

第82回 詳細は,後日掲載します。

  • 日時 : 2017年7月4日 (火) 15:30~17:30
  • 講師 : Amy SCHAFER (アメリカ,ハワイ大学 准教授)

第81回 詳細は,後日掲載します。

  • 日時 : 2017年6月13日 (火) 15:30~17:30
  • 講師 : Andrej BEKEŠ (スロベニア,リュブリャーナ大学 教授)

第80回 "Introducing SCOSYA: The Scots Syntactic Atlas. Aims, methodologies, preliminary results"

  • 日時 : 2017年4月25日 (火) 15:30~17:30
  • 講師 : Caroline HEYCOCK (イギリス,エディンバラ大学 教授)
    • 専門領域 : 統語理論,統語構造の変異と変化,ゲルマン語
    • 主要業績 :
      • Caroline Heycock and Hjalmar Petersen (in press) The HAVE/BE alternation in contemporary Faroese. Acta Linguistica Hafniensia.
      • Jutta M. Hartmann and Caroline Heycock (Expected June 2017) Variation in copular agreement in Insular Scandinavian. In: Höskuldur Thráinsson, Caroline Heycock, Hjalmar P. Petersen, et al. (Eds.) Syntactic Variation in Insular Scandinavian. John Benjamins.
      • Caroline Heycock and J. D. Sundquist (2017) Don't rush to rehabilitate: A remark on Koeneman and Zeijlstra 2014. Linguistic Inquiry 48: 173‒179.
      • Caroline Heycock and Joel Wallenberg (2013) How variational acquisition drives syntactic change: The loss of verb movement in Scandinavian. Journal of Comparative Germanic Linguistics 16: 127‒157.

講演は英語で行います。

第79回 「日本留学前後の英語話者の日本語力をめぐって ― 相互行為能力としての「話す力」を考える ―」

  • 日時 : 2017年4月18日 (火) 15:30~17:30
  • 講師 : 岩﨑 典子 (イギリス,ロンドン大学SOAS Senior Lecturer)
    • 専門領域 : 第二言語習得,外国語教育
    • 主要業績 :
      • Noriko Iwasaki, Peter Sells and Kimi Akita (Eds.) (2017) The grammar of Japanese mimetics: Perspectives from structure, acquisition and translation. Routledge.
      • Noriko Iwasaki (2013) Getting over the hedge: Acquisition of mitigating language in L2 Japanese. In: Celeste Kinginger (Ed.) Social and Cultural Aspects of Language Learning in Study Abroad, 239-268. John Benjamins Publishing Company.
      • Noriko Iwasaki (2011) Filling social space with fillers: gains in social dimension after studying abroad in Japan. Japanese Language and Literature 45: 169-193.
      • Noriko Iwasaki (2010) Style shifts among Japanese learners before and after study abroad in Japan: Becoming active social agents in Japanese. Applied Linguistics 31: 45-71.