シンポジウム「日本語文法研究のフロンティア ―形態論・意味論・統語論を中心に―」

プロジェクト名・リーダー名
対照言語学の観点から見た日本語の音声と文法
窪薗 晴夫 (国立国語研究所 理論・対照研究領域 教授)
班名・リーダー名
文法研究班 「とりたて表現」
野田 尚史 (国立国語研究所 日本語教育研究領域 教授)
開催期日
平成29年3月11日 (土) 10:00~17:00
開催場所
キャンパスプラザ京都 2階 ホール (〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)
アクセス(JR京都駅からすぐ)

プログラム

10:00~10:05趣旨説明 野田 尚史 (国立国語研究所)

司会 : 中俣 尚己

10:05~10:45「外来語動名詞の形態統語研究に向けて—範疇,語種,形態構造—」 田川 拓海 (筑波大学)

10:50~11:30「現代日本語における未然形」 佐々木 冠 (札幌学院大学)

11:35~12:15「旧 JLPT 語彙表に基づく形態素解析単位の考察」 森 篤嗣 (帝塚山大学)

昼休憩 (1時間)

司会 : 佐藤 琢三

13:15~13:55「接続詞と文脈的意味をめぐって」 森山 卓郎 (早稲田大学)

14:00~14:40「文の機能と文の階層・サイズ ―生成文法の視点から―」 長谷川 信子 (神田外語大学)

14:45~15:25「日本語に潜む程度表現」 中俣 尚己 (京都教育大学)

休憩 (10分間)

司会 : 野田 尚史

15:35~16:15「構文の意味派生の推進と抑制 ―テモラウ構文とテクレル構文を例に―」 天野 みどり (大妻女子大学)

16:20~17:00「<全該当>を表す語の主観性と集合形成」 佐藤 琢三 (学習院女子大学)