「議会会議録を活用した日本語のスタイル変異研究」研究発表会

プロジェクト名・リーダー名
議会会議録を活用した日本語のスタイル変異研究 (略称 議会会議録研究)
二階堂 整 (福岡女学院大学 教授)
開催期日
平成29年12月10日 (日) 10:00~16:00
開催場所
国立国語研究所 3F セミナー室 (東京都立川市緑町10-2)
交通案内

事前申込み不要,参加無料

プログラム

10:00~12:00講演

  • 「速記文化と会議録と整文 ―話し言葉書き言葉化技術の多様性―」
    講師 : 兼子 次生 (日本速記協会 元理事長)

13:00~16:00発表会

  • 「会議録コーパスの活用方法の検討 ―議員の活動を可視化するために―」
    内田 ゆず (北海学園大学 准教授),木村 泰知 (小樽商科大学 准教授),高丸 圭一 (宇都宮共和大学 准教授)

    議員の活動の実態を明らかにするために会議録を活用する方法を模索している。
    分析の観点として,議員の属性 (性別や年代,当選回数),会議の場 (地方議会/国会,本会議/委員会),議員の発言回数などが考えられる。
    発表では,これまでの分析で得られたいくつかの事例を紹介する。

  • 「配慮表現「させていただく」の変換 ―会議録にみられる用例を中心に―」
    馬場 真琴 (九州大学大学院生)
  • 「地方議会会議録に見る接続表現の地域差」
    川瀬 卓 (弘前大学 講師)
  • 「名古屋市議会会議録にみる名古屋方言的特徴に関する考察」
    朝日 祥之 (国立国語研究所 准教授)