NINJALサロン

研究所内の研究者相互の交流を深めることを目的とした気楽な雰囲気の研究発表会です。
外部からの聴講も歓迎します。 (参加無料)

  • スケジュール : 原則として,毎週火曜日の15時半から16時半まで。 (発表と質疑応答を含む。)
  • 会場 : 国立国語研究所 多目的室

  • 第156回 平成28年12月13日
    • 宇佐美 まゆみ (日本語教育研究領域 教授)
      「語用論的分析のための「BTSJ 日本語会話コーパス」の特徴と自然会話リソースバンク (NCRB) について」
  • 第155回 平成28年11月29日
    • 窪田 愛 (理論・対照研究領域 プロジェクトPDフェロー)
      プラシャント・パルデシ (理論・対照研究領域 教授),アラステア・ジェームズ・バトラー (理論・対照研究領域 プロジェクト非常勤研究員)
      「統語・意味解析コーパスの開発と言語研究 ―アノテーション方式、検索・抽出方法を中心に―」
  • 第154回 平成28年11月22日
    • 小西 円 (日本語教育研究領域 プロジェクトPDフェロー)
      「I-JAS のタスクと産出語彙の関連について ―日本語母語話者データのコレスポンデンス分析に基づいて―」
  • 第153回 平成28年11月8日 開催時間の変更 : 16:30~17:30
    • 青井 隼人 (外来研究員 / 日本学術振興会 特別研究員 (PD) )
      「南琉球宮古多良間方言における NP1 = nu NP2 のピッチパターン」
  • 第152回 平成28年10月25日
    • 蒙 韞 (MENG Yun) (日本語教育研究領域 プロジェクトPDフェロー)
      「読解過程における日本語学習者の語の意味理解 ―文脈情報を手がかりとして―」
  • 第151回 平成28年10月18日
    • 岡 照晃 (コーパス開発センター 特任助教)
      「万葉集の原文-訓読文の自動アライメント ―コーパスアノテーションの効率化に向けて―」
  • 第150回 平成28年10月11日
    • 鴻野 知暁 (言語変化研究領域 プロジェクトPDフェロー)
      「上代日本語の複合動詞の項構造 ―異なる項構造の一体化を中心に―」
  • 第149回 平成28年10月4日
    • 浅原 正幸 (コーパス開発センター 准教授)
      「「現代日本語書き言葉均衡コーパス」に対する読み時間付与」
  • 第148回 平成28年9月27日
    • 乙武 香里 (言語変異研究領域 プロジェクトPDフェロー)
      「讃岐方言の発話末表現と発話行為の相関 ―質問とその周辺の連続性―」
  • 第147回 平成28年9月13日
    • 大内 康裕 (言語変異研究領域 プロジェクト非常勤研究員)
      「磁気テープの多チャンネル読み取りによる高速ディジタルアーカイビング」
  • 第146回 平成28年7月26日
    • 坂井 美日 (言語変異研究領域 プロジェクトPDフェロー)
      「熊本方言における格標示と焦点化について」
  • 第145回 平成28年7月12日
    • 居關 友里子 (音声言語研究領域 プロジェクトPDフェロー)
      「制度的場面の終結に関する一考察」
  • 第144回 平成28年6月28日
    • 松井 真雪 (理論・対照研究領域 プロジェクトPDフェロー)
      「発話速度に応じた,閉鎖音の時間特徴の可変性 : 通言語的観点から」
  • 第143回 平成28年6月21日
    • 宇佐美 まゆみ (日本語教育研究領域 教授)
      「言語研究への言語社会心理学的アプローチ」
  • 第142回 平成28年5月31日
    • 陳 奕廷 (理論・対照研究領域 プロジェクトPDフェロー)
      「複合語の対称性と非対称性について ―基底と精緻化の観点から―」
  • 第141回 平成28年4月12日
    • 島田 泰子 (外来研究員 (H27.4.1~H28.3.31) / 二松學舎大学 教授)
      「方言研究における地形情報としてのDEM (数値標高モデル) 導入の試み : 言語地図分析における〈精密立体投影〉手法の可能性」