第21回 「『日本語歴史コーパス』活用入門 ―「中納言」による検索と集計―」

ただいま受講者募集中です。

内容

第21回 「『日本語歴史コーパス』活用入門 ―「中納言」による検索と集計―」
[ PDF | 1,879KB ]

コーパス検索アプリケーション「中納言」を用いて,『日本語歴史コーパス』 (および『現代日本語書き言葉均衡コーパス』) を検索・集計して研究に利用する方法を講義します。はじめに『日本語歴史コーパス』の設計や,コーパスの形態論情報に関する解説を行います。そのうえで,参加者が実際にパソコンを操作して「中納言」で検索する方法,検索結果をExcelで集計する方法を実習形式で学びます。さらに,コーパスを活用した研究事例を紹介し,どのように研究に活用するのかを実習します。『日本語歴史コーパス』の解説を中心としますが,同様の操作で利用できる『現代日本語書き言葉均衡コーパス』についても説明します。

日程

  • 平成29年2月10日 (金) 10:00~17:30
    1. 10:00~11:30
      『日本語歴史コーパス』の概要 90分
    2. 11:40~13:10
      「中納言」によるコーパスの検索 90分
    3. 14:10~15:40
      検索結果の集計と分析 90分
    4. 16:00~17:30
      コーパスの活用実習 90分

講師

  • 小木曽 智信 国立国語研究所 准教授 (言語変化研究領域)
    明海大学講師,独立行政法人国立国語研究所研究員を経て2009年より現職。専門は日本語史・コーパス言語学・自然言語処理。『現代日本語書き言葉均衡コーパス』『日本語歴史コーパス』など各種コーパスの構築に携わる。
    主な著書は『講座日本語コーパス 書き言葉コーパス』 (共著,朝倉書店,2014),『コーパスと日本語史研究』 (共編著,ひつじ書房,2015) など。

会場

国立国語研究所 2階 多目的室 (東京都立川市緑町10-2)

  • 交通案内 (多摩モノレール 「高松」 徒歩7分,JR各線 「立川」 徒歩20分)

定員

30名 (予定)

受講料

無料

参加申込

こちらからお申し込み ください。

  • 平成29年1月27日 (金) 締切。定員に達し次第,募集を締め切ります。
  • 応募者が定員を超えた場合は,大学院生の方を優先とします。
  • 受講が決定いたしましたら,こちらから連絡いたします。
  • 申込後,受付確認の自動配信メールを送信します。
    24時間以内に自動配信メールが届かない場合は,受付が完了していない可能性がありますので,下記 (国立国語研究所 管理部 研究推進課) へお問い合わせください。
  • ノートパソコンの持ち込みを歓迎します。持ち込まれない方はこちらで用意いたします。
    持ち込みのパソコンに関しては,下記を満たしていることをご確認ください。
    • Windows または Mac
    • 無線LAN接続が可能である
    • Excel が利用できる
    なお無線LANを用意する予定ですが,ご自身でネットワーク回線を用意できる方はそちらをご利用ください。

受講に関するお問い合わせはこちらへ

国立国語研究所 管理部 研究推進課
E-mail : ninjal-events[at]ninjal.ac.jp
Tel. : 042-540-4353