第26回 「コーパスに基づく話し言葉の研究」

ただいま受講者募集中です。

内容

第26回 「コーパスに基づく話し言葉の研究」
[ PDF | 819KB ]

『日本語話し言葉コーパス』を用いて話し言葉の特徴を分析する方法を学びます。

はじめにコーパスの設計やアノテーション (品詞情報やイントネーション情報など) について説明したうえで,語彙,フィラー,発音,イントネーションをテーマに,コーパスからどのようなことが発見できるかを具体的に考えます。語彙とフィラーの分析は,コーパス検索アプリケーション「中納言」を用い実習形式で行います。発音とイントネーションについては,分析例を示しながら講義形式で進めますが,今後コーパスを高度に活用したい人のために,分析方法を学習する教材などについても紹介します。

日程

  • 平成29年11月30日 (金) 10:00~17:30
    1. 10:00~11:00
      話し言葉コーパスの紹介 60分
    2. 11:00~12:15
      話し言葉の「語彙」を調べる 75分
    3. 13:30~14:30
      話し言葉の「フィラー」を調べる 60分
    4. 14:30~15:30
      話し言葉の「発音」を調べる 60分
    5. 15:45~16:45
      話し言葉の「イントネーション」を調べる 60分
    6. 16:45~17:00
      話し言葉コーパスを高度に活用するために 45分

講師

  • 小磯 花絵 国立国語研究所 准教授 (音声言語研究領域)
    独立行政法人国立国語研究所研究員を経て2009年より現職。専門は認知科学,言語学,日本語学。
    主な著書は『話し言葉コーパス ―設計と構築―』 (編著,朝倉書店,2015),『コーパスとテキストマイニング』 (分担執筆,共立出版,2012),『「日本語話し言葉コーパス」の構築における計算機利用』 (共著,明治書院,2005) など。

会場

広島大学 東広島キャンパス (教育学部A103) 東広島市鏡山一丁目3番2号

  • 交通案内 (JR西条駅,JR八本松駅から「広島大学行」バス約20分)

定員

20名 (予定)

受講料

無料

参加申込

こちらからお申し込みください。

  • 平成29年11月6日 (月) 締切。定員に達し次第,募集を締切る場合があります。
  • 応募者が定員を超えた場合は,大学院生の方を優先とします。
  • 受講者には11月10日 (金) までに連絡いたします。
  • 申込後,受付確認メールを送信します。
    3日以内に受付確認メールが届かない場合は,受付が完了していない可能性がありますので,下記 (国立国語研究所 管理部 研究推進課) へお問い合わせ願います。
  • 語彙とフィラーの分析は,コーパス検索アプリケーション「中納言」を用い実習形式で行います。
    参加者は事前に「中納言」 (のうち『日本語話し言葉コーパス』) を登録した上で,当日,ご自身のPCを持参してください。登録には10日ほどかかりますので,余裕をもって登録してください。
    なお,講師がスライドで分析方法や結果を表示しますので,ご自身のPCを持参しなくても講義の内容は分かります。
    「中納言」の登録はこちらからお願いします。

受講に関するお問い合わせはこちらへ

国立国語研究所 管理部 研究推進課
E-mail : ninjal-events[at]ninjal.ac.jp[at]を@に変えてください。
Tel. : 042-540-4353