書籍紹介

本書は,昭和39年 (1964年) に出版された『分類語彙表』 (現在は絶版) の収録語数を約3倍に増やした増補改訂版です。
初版の『分類語彙表』は,現代日本語の本格的なシソーラス (類義語集) として幅広く活用されてきましたが,刊行から時間がたつに連れ,現代語とのずれが生じてきました。また,近年,コンピューターによる言語処理への応用にも利用されるようになり,増補改訂の必要性が高まってきました。そのような要望にこたえるために,本書を刊行しました。
この増補改訂版では,新語・複合語・サ変動詞・慣用句などを中心に増やしました。分類の枠組みの方針は基本的に初版のものを受け継いでいますが,分類がより体系的になるように見直しを行いましたので若干の変更があります。
収録語数は,延べ約9万6千語です。五十音順索引が付いています。また,付録のCD-ROMには,本書の主な内容がPDFファイルで収められているほか,語末から並べたいわゆる「逆引き」索引も収められています。

国立国語研究所資料集14 『分類語彙表 -増補改訂版-』

分類語彙表
  • 2004年1月発行
  • 大日本図書刊
  • B5判712ページ
  • 付録CD-ROM
  • 4,700円+税

学術研究用としてデータベースを無償で公開します。
詳しくは「コーパス開発センター - 昭和の語彙調査データ」をご覧ください。

商業利用につきましては、研究推進課にご相談ください。