Top> 刊行物> 刊行物カテゴリ> 方言談話資料

方言談話資料

概要

『国立国語研究所資料集10 方言談話資料』は,1975(昭和50)年~1981(昭和56)年に全国20地点で採録した方言会話の録音・文字化資料です。採録地点は,青森・岩手・山形・宮城・群馬・千葉・長野・静岡・愛知・新潟・福井・京都・奈良・島根・鳥取・愛媛・高知・長崎・宮崎・沖縄です。

国立国語研究所著『国立国語研究所資料集 10 方言談話資料 1~10』全10巻(冊子10冊、カセットテープ29本)として、1978(昭和53)年~1987(昭和62)年に秀英出版より刊行されました。

『国立国語研究所資料集 10 方言談話資料 1~10』全10巻

(冊子10冊,カセットテープ29本)
著者:国立国語研究所
刊行年:1978(昭和53)年~1987(昭和62)年
出版社:秀英出版

この冊子には、方言音声を文字起こししたもの、その標準語訳、注、収録地点の概観、収録した方言の特色、話者や録音環境についての説明などが収められています。文字化には、表音的カタカナ表記、沖縄は国際音声記号による音声表記を用いています。

カセットテープには、地点別、談話の種類別に約25時間分の方言音声が収録されています。

  • 「老年層の男性と老年層女性の対話」または「男女を含む老年層話者3人の会話」は、1地点50分程度の談話が20地点。
  • 「老年層の男性と若年層男性との対話」または「両者を含む3人の話者の会話」は、1地点20分程度の談話が16地点。
  • 「品物を借りる」「旅行に誘う」「けんかをする」「新築の祝いを述べる」「隣家の主人の所在をたずねる」「道で知人に会う」「道で目上の知人に会う」「うわさ話をする」という8場面の「場面設定の会話」は、1地点1場面につき30秒~2分程度の演技的対話が15地点。

公開

この方言談話資料のページでは,上記の『方言談話資料』全10巻の本文およびカセットテープに収められた音声を公開します。

冊子の本文については,本文の画像をそのままPDFファイルにしたもの,及び,文字入力したテキストファイル(テキストデータ)の2通りの形で提供しています。また,カセットテープ収録の音声は,デジタル化した音声ファイル(wav形式)として提供しています。

テキストデータの作成に関して

なお、本ページに掲載してある内容の内,『方言談話資料』本文のテキストデータの作成の一部は、次の研究課題によって行われたものです。

  • 国立国語研究所言語変化研究部第一研究室研究課題「方言文法の記述とその通時的解釈に関する基礎的研究」(1998-2002年度)
  • 科学研究費補助金奨励研究(A)「条件表現に関する対照方言学的研究」(1998-1999年度,課題番号11710230)研究代表者:三井はるみ
  • 科学研究費補助金基盤研究(B)(2)「文法体系のバリエーションに関する対照方言学的研究」(1998-2001年度,課題番号10410097)研究代表者:大西拓一郎
  • 科学研究費補助金特定領域研究(A)「環太平洋の「消滅に瀕した言語」にかんする緊急調査研究」A04 日本班「消滅する方言文法・表現法の緊急調査研究」(2000-2002年度,課題番号12039224)研究代表者:真田信治
  • 科学研究費補助金基盤研究(C)(2)「大都市における消滅に瀕した伝統的方言の記録とデータベース作成」(2001-2003年度,課題番号13610496)研究代表者:三井はるみ

閲覧,ダウンロード

下記のリンクから,ファイルの閲覧,ダウンロードができます。