ことばQ&A

日頃のことばづかいで,とにかく気になるのが敬語の使い方です。しかし,一つ一つの敬語の使い方で迷う時でも,よく似た使い方に共通する考え方を知っていると役に立ちます。その一つが次の考え方です。

自分からかけた電話に「お」を付けるのはおかしくないですか?

質問

会社で取引先に電話をしました。「先ほどはお電話で失礼しました。その時の私どもからの御提案ですが,……」と私が言ったのを同僚が聞いていて,「自分からかけた電話や自分から出した提案に『お』や『御』をつけるのはおかしいのじゃないか」と言います。どう考えればよいのでしょうか?

回答

結論としては,この場合の「お」や「御」は間違いではありません。言うまでもなく「お・御」は,敬うべき人や取引先の人の動作や持ち物に付けて,その人への尊敬を表す時にも使うことばです。しかし,もう一つの使い方があります。動作やものごとが自分のものであっても,それが敬うべき人や話し相手に直接に向けられるものであるときに,その人に対するへりくだりの気持ちを込めて使うという使い方です。お尋ねにある「お電話」も「御提案」もこの使い方に当てはまりますから,間違いではありません。

この他に,「お願い」「お手紙」「御案内」「御報告」などについても同様の疑問がわく場合がありますが,その動作の相手が敬うべき人や話し相手である場合には間違いではありません。