コーパスアノテーションの基礎研究

略称アノテーション
プロジェクトリーダー前川 喜久雄 (まえかわ きくお)
国立国語研究所 言語資源研究系 教授
研究分野言語学,知能情報処理
キーワードコーパス,アノテーション

概要

  1. 目標:既存のコーパスをより高度に活用するために必要とされる研究用付加情報 (アノテーション) の基礎研究をおこなう。
  2. 方法:述語項構造,節境界,各種語義タグ,事実性 (モダリティ),複合辞タグなどについてタグの仕様を検討するとともに,既存のコーパスを用いたタグ付与実験を行い,自動アノテーションの可能性についても検討する。基本的に書き言葉コーパスを対象とするが,話し言葉のアノテーションについても検討する。
  3. 期待される成果:日本語の高水準アノテーションの標準化をめざす。