このプロジェクトは平成25年10月で終了しました。今後の更新予定はありません。

複文構文の意味の研究

略称複文構文
プロジェクトリーダー益岡 隆志
神戸市外国語大学 外国語学部 教授 / 国立国語研究所 理論構造研究系 客員教授
研究分野日本語学
キーワード文法,意味

概要

複文の研究は単文の研究と談話テクストの研究をつなぐ重要な位置にあるが,日本語研究の現状においては,単文研究に比べ複文研究の進展は十分なものとは言いがたい。日本語の複文研究は個別的な研究に偏りがちな傾向にあり,複文全体を視野に入れた研究モデルや研究アプローチに乏しい。本共同研究の目的は,単文研究に比べより多くの課題が残されている複文研究の推進に資することである。

本共同研究では,具体的な形 (構造) を有する構文とその意味の結びつきを考察することにより複文研究を進めていきたい。複文構文は連用複文構文と連体複文構文に大別できるが,本研究では,これら2種の複文構文を共に視野に入れ,複文構文の意味を総合的・包括的に考察することを目指す。また,その考察にあたっては,近年大きな進展を見せている対照言語学・言語類型論やコーパス言語学の観点・手法を重視する。