NINJALコロキウム・講演会

NINJALコロキウム

国内外の優れた研究者を講師にお招きし,日本語・言語学・日本語教育のさまざまな分野について最前線の研究成果をお話しいただく講演会です。一般に公開していますので,教員・大学院生を問わず,ご自由にご参加ください。 (参加無料)

  • スケジュール : 不定期。原則として,1ヶ月1回。
  • 会場 : 国立国語研究所 2階 多目的室

講演時の所属です。

第109回 詳細は後日お知らせします。

  • 日時 : 2019年9月24日 (火) 15:30~17:30
  • 講師 : 鳥飼 玖美子 (立教大学 名誉教授)

第108回 "English Tense Morphemes in Complement Clauses: Are Cessation and Parentheticality Relevant?" (補文の時制 : 状態の停止や挿入的表現との関係性について)

  • 日時 : 2019年7月9日 (火) 15:30~17:30
  • 講師 : 荻原 俊幸 (アメリカ,ワシントン大学 教授)
    • 専門領域 : 形式意味論,日本語言語学
    • 主要業績 :
      • 荻原 俊幸 (2016) 『「もの」の意味,「時間」の意味 ―記号化に頼らない形式意味論の話』 くろしお出版.
      • Toshiyuki Ogihara and Takenobu Fukushima (2015) Semantic properties of the so-called past tense morpheme in Late Late Middle Japanese. Journal of East Asian Linguistics 24: 75-112.
      • Toshiyuki Ogihara (2004) Adjectival Relatives. Linguistics and Philosophy 27: 557-608.
      • Toshiyuki Ogihara (1996) Tense, Attitudes, and Scope. Kluwer Academic Publishers.

    講演は日本語で行います。

第107回 「第一・第二言語習得におけるアスペクト仮説の現状 ―テンス・アスペクト習得の普遍性はどこから来るのか」

  • 日時 : 2019年7月2日 (火) 15:30~17:30
  • 講師 : 白井 恭弘 (アメリカ,ケースウエスタンリザーブ大学 教授)
    • 専門領域 : 言語学,言語習得論
    • 主要業績 :
      • Yasuhiro Shirai (2019) Connectionism and second language acquisition. Routledge.
      • 白井 恭弘 (2013) 『ことばの力学 ―応用言語学への招待』 岩波書店.
      • 白井 恭弘 (2008) 『外国語学習の科学 ―第二言語習得論とは何か』 岩波書店.
      • Ping Li and Yasuhiro Shirai (2000) The acquisition of lexical and grammatical aspect. De Gruyter Mouton.
      • Yasuhiro Shirai (2000) The semantics of the Japanese imperfective -teiru: An integrative approach. Journal of Pragmatics 32: 327-361.
      • Yasuhiro Shirai and Roger W. Andersen (1995) The acquisition of tense-aspect morphology: A prototype account. Language 71: 743-762.

第106回 "Historical Relationship between Japanese Sign Language and Taiwan Sign Language"

  • 日時 : 2019年4月2日 (火) 15:30~17:30
  • 講師 : Jane TSAY (蔡素娟) (台湾,国立中正大学語言学研究所 教授)
    • 専門領域 : 音韻論,実験音韻論・音声学,言語習得研究
    • 主要業績 :
      • [Publications]
        • Jane Tsay and James Myers (2018) Communicative Efficiency in Child Mandarin. Proceedings of the 32nd Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation.
        • Jane S. Tsay (2018) Noun-Verb Pairs in Taiwan Sign Language. In: Jia-Fei Hong, Qi Su and Jiun-Shiung Wu (Eds.) Chinese Lexical Semantics, 3-22. Springer.
        • James H.-Y. Tai and Jane Tsay (2017) Sign Languages, Táiwān. In: Rint Sybesma, Wolfgang Behr, Yueguo Gu, et al. (Eds.) Encyclopedia of Chinese Language and Linguistics, Volume 4. Brill.
        • Jane Tsay (2017) Acquisition of Tone, L1. In: Rint Sybesma, Wolfgang Behr, Yueguo Gu, et al. (Eds.) Encyclopedia of Chinese Language and Linguistics, Volume 1. Brill.
        • James Tai and Jane Tsay (2015) Taiwan Sign Language. In: Julie Bakken Jepsen , Goedele De Clerck, Sam Lutalo-Kiingi, et al. (Eds.) Sign Languages of the World : A Comparative Handbook, 771-810. De Gruyter Mouton.
      • [Corpora / Databases]
        • Jane Tsay, James H.-Y. Tai and Ren-hung Hwang (2016) Taiwan Sign Language Online Dictionary App. [iOS] [Android]. Institute of Linguistics, National Chung Cheng University, Taiwan.
          http://tsl.ccu.edu.tw/web/indexe.php?nav=10
        • Jane Tsay, James H.-Y. Tai and Yijun Chen (2015) Taiwan Sign Language Online Dictionary. 3rd Edition. Institute of Linguistics, National Chung Cheng University, Taiwan.
          http://tsl.ccu.edu.tw/web/browser.htm

      講演は英語で行います。