「対照言語学の観点から見た日本語の音声と文法」研究発表会 (平成30年7月21日)

プロジェクト名・リーダー名
対照言語学の観点から見た日本語の音声と文法
窪薗 晴夫 (国立国語研究所 理論・対照研究領域 教授)
班名・リーダー名
文法研究班 「名詞修飾表現」
プラシャント・パルデシ (国立国語研究所 理論・対照研究領域 教授)
開催期日
平成30年7月21日 (土) 13:00~17:00
開催場所
名古屋大学 東京オフィス 会議室 (東京都千代田区丸の内二丁目5番2号 三菱ビル11階 1168区)
東京オフィスの利用について
プロジェクトWEBサイト
研究会情報

どなたでも参加可能ですが,参加人数を確認するため,事前に n.nomura[at]ninjal.ac.jp 宛にお申し込みください。 ([at]を@に変えてください。)

2018年度 第1回研究発表会

  • 「クメール語の名詞修飾表現」
    上田 広美 (東京外国語大学)

    本プロジェクトで示された「名詞修飾表現プロジェクトのこれからの研究方針について」 (2017年6月19日) に基づき,クメール語でどのような要素が名詞を修飾できるのかを概観した後,「内の関係」と「外の関係」、制限用法と非制限用法,「名詞修飾表現の言語地図を作成するためのアンケート調査」等を考慮しながら,名詞修飾節の用例を分類する。空所と補充,名詞修飾節の標識の出現条件について検討し,クメール語の修飾構造全体の中での名詞修飾表現の位置づけを試みる。

  • 「カパンパンガン語の名詞修飾」
    北野 浩章 (愛知教育大学)

    フィリピン,ルソン島中部で話されるカパンパンガン語 (Kapampangan) の名詞修飾を紹介する。
    具体的には,補文節との関係,名詞化との関係,名詞修飾節と主名詞をつなぐ諸形式 (adnominalizers) ,主名詞の分類について,先行研究を参照しつつ,議論する。

  • 「タガログ語の名詞修飾とリンカー」 (仮)
    長屋 尚典 (東京外国語大学)

    オーストロネシア語族に属するタガログ語にはリンカーと呼ばれる要素があり,名詞修飾から補文,動詞修飾にいたるまでさまざまな要素と要素を結びつけるのに用いられる。この発表では,このうち名詞修飾に用いられる場合をとりあげ,リンカーが名詞と名詞,名詞と形容詞,名詞と数詞だけでなく,名詞と補文,名詞と関係節の統語関係を標示することを示し,修飾要素が名詞でも形容詞でも節でも同じ名詞修飾構造が用いられていることを論じる。