「日本の消滅危機言語・方言の記録とドキュメンテーションの作成」研究発表会 (平成30年9月6日)

主催
科研費 基盤研究A
「日本語諸方言コーパスの構築とコーパスを使った方言研究の開拓」
研究代表者 : 木部 暢子 (国立国語研究所 言語変異研究領域 教授)
共同研究プロジェクト
「日本の消滅危機言語・方言の記録とドキュメンテーションの作成」
リーダー : 木部 暢子 (国立国語研究所 言語変異研究領域 教授)
開催期日
平成30年9月6日 (木) 13:00~17:00
開催場所
国立国語研究所 多目的室 (東京都立川市緑町10-2)
交通案内

方言コ―パス研究発表会 「日本語諸方言コーパスデータを使った方言の分析」

概要

科研費基盤 (A) 「日本語諸方言コーパスの構築とコーパスを使った方言研究の開拓」では,平成30年度中に「日本語諸方言コーパス モニター版」は公開予定です。この研究発表会は,それに先だって「日本語諸方言コーパス モニター版」の基礎データを使った方言の分析をパイロット的に行うものです。

プログラム

13:00~13:10 趣旨説明
木部 暢子

13:10~14:10 基調講演「奄美方言コーパスの作り方」 澤木 幹栄 (信州大学 特任教授)

休憩

14:30~15:00 「二人称代名詞の談話機能の地域間比較」 山本 空 (関西大学大学院生)

15:00~15:30 「諸方言コーパスを使った方言の分析 (1) 」 田附 敏尚 (神戸松蔭女子学院大学 講師)

15:30~16:00 「諸方言コーパスを使った方言の分析 (2) 」 井上 文子 (国立国語研究所 准教授)

16:00~16:30 「諸方言コーパスを使った方言の分析 (3) 疑問文のイントネーション」 木部 暢子 (国立国語研究所 教授)

16:30~17:00 ディスカッション