シンポジウム 「フィールドと文献から見る日琉諸語の系統と歴史」

プロジェクト名・リーダー名
「日本の消滅危機言語・方言の記録とドキュメンテーションの作成」
リーダー : 木部 暢子 (国立国語研究所 言語変異研究領域 教授)

科研費 基盤研究B
比較言語学的方法による日本語・琉球諸語諸方言の祖語の再建および系統樹の構築
研究代表者 : 五十嵐 陽介 (一橋大学)
開催期日
平成30年12月22日 (土) 15:00~18:00 (「国立国語研究所オープンハウス2018」と同時開催)
平成30年12月23日 (日) 9:00~16:30
開催場所
国立国語研究所 講堂 (東京都立川市緑町10-2)
交通案内

プログラム

12月22日 (土) (「国立国語研究所オープンハウス2018」と同時開催)

15:00~15:10 開会の挨拶
木部 暢子 (国立国語研究所)

15:10~15:50 「文献調査とフィールド調査による文法史研究」 (仮) 坂井 美日 (国立国語研究所 / 日本学術振興会)

15:50~16:30 「古代日本語と琉球諸語からみる祖語の指示体系試論」 衣畑 智秀 (福岡大学)

10分休憩

16:40~17:20 「方言研究から歴史変化,歴史変化から方言の解明へ」 (仮) ウェイン・ローレンス (オークランド大学)

17:20~18:00 ディスカッション

12月23日 (日)

9:00~9:40 「琉球諸語の動詞形態論の歴史的変化」 狩俣 繁久 (琉球大学)

9:40~10:20 「八丈語の動詞形態論の歴史的変化」 金田 章宏 (千葉大学)

10分休憩

10:30~11:10 「本土諸方言の動詞形態論の歴史的変化 : ラ行五段化を中心に」 佐々木 冠 (立命館大学)

11:10~12:00 ディスカッション

12:00~13:00 お昼休憩

13:00~13:50 「琉球諸語系統樹研究の可能性」 狩俣 繁久 (琉球大学)

13:50~14:40 「分岐学的手法に基づいた日本語・琉球語諸方言の系統分類の試み」 五十嵐 陽介 (一橋大学)

10分休憩

14:50~15:40 「日琉祖語の歴史について」 (仮) トマ・ペラール (フランス国立科学研究センター)

15:40~16:25 ディスカッション

16:25~16:30 閉会の挨拶
木部 暢子 (国立国語研究所)