言語科学会 第21回年次国際大会 (JSLS 2019) ワークショップ "Development of a parsed corpus and its applications to linguistic research and education"

プロジェクト名・リーダー名
統語・意味解析コーパスの開発と言語研究
プラシャント・パルデシ (国立国語研究所 理論・対照研究領域 教授)
開催期日
2019年7月7日 (日) 11:00~12:30
開催場所
東北大学 川内キャンパス 文科系総合研究棟 大会議室 (11階) (宮城県仙台市青葉区川内27-1)
所在地・アクセス
参加申し込み
どなたでも参加可能ですが,参加人数を確認するため,事前に n.nomura[at]ninjal.ac.jp 宛にお申し込みください。[at]を@に変えてください。
プロジェクトWEBサイト
http://npcmj.ninjal.ac.jp/?page_id=459

プログラム

Introduction
Prashant PARDESHI (NINJAL),YOSHIMOTO Kei (Tohoku University)

"Recent directions in CHILDES Japan and its role in NPCMJ" MIYATA Susanne (Aichi Shukutoku University)

"Constructing Japanese predicate-argument thesaurus and annotating NPCMJ with semantic role labels" TAKEUCHI Koichi (Okayama University)

"Developing a Japanese syntax textbook as part of NPCMJ Project" KISHIMOTO Hideki (Kobe University), Prashant PARDESHI (NINJAL)