「議会会議録を活用した日本語のスタイル変異研究」研究発表会 (2019年9月12日)

プロジェクト名・リーダー名
議会会議録を活用した日本語のスタイル変異研究 (略称 議会会議録研究)
二階堂 整 (福岡女学院大学 教授)
開催期日
2019年9月12日 (木) 15:00~16:30
開催場所
国立国語研究所 2F 多目的室 (東京都立川市緑町10-2)
交通案内

発表者氏名・発表テーマ

「地方議会の行政側回答における定型表現について」 二階堂 整 (福岡女学院大学 教授)

地方議会の行政側回答の冒頭の定型表現について,考察する。

「名古屋市長の演説にみるスタイル変異 : 市議会会議録を活用して」 朝日 祥之 (国立国語研究所 准教授)

本報告では名古屋市議会会議録,ならびに市議会中継映像を活用し,名古屋市長である河村たかし氏の演説に見られる言語的特徴を特に音声面に着目しながら報告する。その特徴を説明するための補助的な資料として,国会議員時代の演説や街頭演説等も取り上げる。