「通時コーパス」シンポジウム2020

主催
国立国語研究所共同研究プロジェクト 「通時コーパスの構築と日本語史研究の新展開」
リーダー : 小木曽 智信 (国立国語研究所 言語変化研究領域 教授)
共催
国立国語研究所共同研究プロジェクト 「現代語の意味の変化に対する計算的・統計力学的アプローチ」
リーダー : 持橋 大地 (統計数理研究所 数理・推論研究系 准教授)
科研費 基盤研究 (A) 19H00531 「昭和・平成書き言葉コーパスによる近現代日本語の実証的研究」
研究代表者 : 小木曽 智信 (国立国語研究所 言語変化研究領域 教授)
開催期日
2020年3月13日 (金) 10:00~16:30
開催場所
立川総合研究棟 (国立極地研究所,国文学研究資料館,統計数理研究所) 2階 大会議室 (東京都立川市緑町10-3)
アクセス
研究棟案内

一般参加可,参加無料,事前登録不要

プログラム

プログラムの詳細は近日公開予定です。時間変更がある可能性があります。

10:00~11:40 口頭発表

11:40~12:40 ポスター発表

12:40~14:00 休憩

14:00~16:30 テーマセッション 『統計と日本語史研究 (仮) 』