シンポジウム 「ビジネスと日本語の接点」

主催
国立国語研究所 共同研究プロジェクト 「日本語学習者のコミュニケーションの多角的解明」
リーダー : 石黒 圭 (国立国語研究所 日本語教育研究領域 教授)
共催
一橋大学大学院 言語社会研究科
科研費 挑戦的研究 (萌芽) 17K18504 「クラウドソーシングを用いたビジネス文書のわかりやすさの言語学的研究」
開催期日
2020年3月20日 (金) 10:00~17:00
開催場所
一橋大学 東2号館 2201教室 (東京都国立市中2-1)
アクセス

プログラム

10:00~ Session 1「ビジネス文書の分析方法」

司会 : 岩崎 拓也 (国立国語研究所)

  • 「クラウドソーシングによる発注の実演」
    古田 皓也 (株式会社 クラウドワークス)
  • 「分析用データベースの設計と活用」
    井上 雄太 (国立国語研究所)
  • 「発注文書の表現の分析」
    青木 優子 (東京福祉大学)
  • 「Wide Learningを用いた発注文書の分析」
    浅井 達哉 (株式会社 富士通研究所),柳瀬 隆史 (株式会社 富士通研究所)

13:00~ Session 2「ビジネス文書に見られる諸問題」

司会 : 石黒 圭 (国立国語研究所)

  • 「発注文書に見られる語彙の問題」
    佐野 彩子 (一橋大学大学院修了生)
  • 「発注文書に見られる敬語の問題」
    蒙 韞 (国立国語研究所)
  • 「発注者と受注者の意図のずれ」
    布施 悠子 (国立国語研究所),岩崎 拓也 (国立国語研究所)
  • 「受注者の評価からみたやり取り文書の実態とその改善法」
    喬 曉筠 (台湾政治大学)

14:50~ Panel Discussion「"よいビジネス文書"とはなにか? ―伝達力が仕事を変える―」

司会 : 熊野 健志 (富士通株式会社)

登壇者
アンドレイ・べケシュ (リュブリャナ大学)
成田 修造 (株式会社 クラウドワークス)
松岡 清一 (株式会社 FIXER)
穴井 宏和 (株式会社 富士通研究所)
小田 淳 (ロジ 代表)

コメント : 庵 功雄 (一橋大学)

参加申し込み

  • 定員 : 200名
  • 事前申し込みが必要です。こちらからお申込みください。
    いただいた個人情報は,個人情報保護ポリシーに則り,厳正に取り扱います。
  • 申込締切 : 3月11日 (水) 正午