第三回 「対照言語学の観点から見た日本語の音声と文法」オンライン研究発表会 (2020年6月5日)

プロジェクト名・リーダー名
対照言語学の観点から見た日本語の音声と文法
窪薗 晴夫 (国立国語研究所 理論・対照研究領域 教授)
班名・リーダー名
音声研究班 「語のプロソディーと文のプロソディー」
窪薗 晴夫 (国立国語研究所 理論・対照研究領域 教授)
開催期日
2020年6月5日 (金) 15:00~16:00
開催場所
Web会議 (Zoom を使用)
参加費
無料
事前登録
こちらをご確認ください。

プログラム

「鹿児島方言のモーラ性について」 窪薗 晴夫 (国立国語研究所)

鹿児島方言が音節 (シラブル) を基調とすることはよく知られていが,この方言のモーラ性については論じられることはほとんどなかった。長崎方言や甑島方言など周辺の姉妹方言がモーラを基調とする方言であることを考えると,鹿児島方言のモーラ性を問うことは言語地理学や言語類型論の観点からも,日本語の歴史において音節とモーラが発達してきた過程を考える上でも,さらには一般言語学における音節とモーラの関係を論じる上でも重要なテーマと言える。この発表では鹿児島方言の外来語アクセント,「の」の縮約,呼びかけイントネーションなどの共時的現象の分析にモーラが不可欠であることを論じる。一見すると無関係に思える複数の現象が,音節量という概念によって一般化できることから,この方言の音韻体系が音節に大きく依存しながらも,他方ではモーラという音韻単位にも少なからず依存していることを指摘する。

事前登録

  • 共同研究員以外の方は事前登録制です。
  • 参加を希望される方は,事前登録フォーム から登録をお願いいたします。お申し込みいただいたメールアドレスにウェブ会議の URL をお送りいたします。
  • 初めて参加される際に一度登録していただければ,再登録は必要ありません。一度の登録で事前登録フォームに記載のすべての回にご参加いただけます。確実に URL を受け取るには,初めて参加する回の前日までにご登録ください。
  • ご質問のある方は 守本 morimoto[at]ninjal.ac.jp までご連絡ください。[at]を@に変えてください。
  • いただいた個人情報は,個人情報保護ポリシーに則り厳正に取り扱います。