第六回 「対照言語学の観点から見た日本語の音声と文法」オンライン研究発表会 (2020年7月3日)

プロジェクト名・リーダー名
対照言語学の観点から見た日本語の音声と文法
窪薗 晴夫 (国立国語研究所 理論・対照研究領域 教授)
班名・リーダー名
音声研究班 「語のプロソディーと文のプロソディー」
窪薗 晴夫 (国立国語研究所 理論・対照研究領域 教授)
開催期日
2020年7月3日 (金) 15:00~16:00
開催場所
Web会議 (Zoom を使用)
参加費
無料
事前登録
こちらをご確認ください。

プログラム

「福井県三国町安島方言における hadderu 《外れる》等の重子音の生起条件について」 松倉 昂平 (金沢大学 / 日本学術振興会),新田 哲夫 (金沢大学)

本発表は,福井県坂井市三国町安島 (あんとう) 方言に生じる maffa 《枕》,abba 《油》,hadderu 《外れる》等の特異な重子音化現象を記述するとともに,その生起条件や通時的な成立過程を分析・考察するものである。本方言の一部の重子音 (bb, ff, vv, ss など) についてはすでに新田哲夫 (2011) による詳しい記述報告があるが,本発表では,先行研究で報告されていない aɱɱa 《編むわ》,todda 《鳥が》,kakka 《柿が》等の様々な重子音の存在を補足し,一連の重子音化現象の全体像を示す。

事前登録

  • 共同研究員以外の方は事前登録制です。
  • 参加を希望される方は,事前登録フォーム から登録をお願いいたします。お申し込みいただいたメールアドレスにウェブ会議の URL をお送りいたします。
  • 初めて参加される際に一度登録していただければ,再登録は必要ありません。一度の登録で事前登録フォームに記載のすべての回にご参加いただけます。確実に URL を受け取るには,初めて参加する回の前日までにご登録ください。
  • ご質問のある方は 守本 morimoto[at]ninjal.ac.jp までご連絡ください。[at]を@に変えてください。
  • いただいた個人情報は,個人情報保護ポリシーに則り厳正に取り扱います。