フィールド言語学ウェビナー

プロジェクト名・リーダー名
日本の消滅危機言語・方言の記録とドキュメンテーションの作成
木部 暢子 (国立国語研究所 言語変異研究領域 教授)
開催期日
2020年12月5日 (土) 13:00~16:00
2020年12月6日 (日) 10:00~13:00
開催場所
Web開催 (Zoom を使用,事前登録制。)
参加費
無料
事前登録
こちらをご確認ください。

趣旨説明

国立国語研究所 (国語研) 「消滅危機言語・方言」プロジェクトおよび東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 (AA研) 「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築」プロジェクト (LingDy3) の連携事業の一環として,第一線で活躍するフィールド言語学者の知見と技術を若手研究者に共有することを目的に,この度「フィールド言語学ウェビナー」を開催する運びとなりました。両機関は,各地の大学とも連携しながら,2016年度より言語学的フィールド調査の技法についての少人数ワークショップを共同開催してきました。

今年度は,コロナ禍の状況を考慮し,初めてオンラインでセミナーを開講いたします。言語・方言のフィールドワークに興味関心がある学生のみなさんや卒論・修論のテーマとして言語・方言の記述を考えている学生のみなさんの積極的な応募をお待ちしています。

プログラム

12/5 (土) 13:00〜16:00

12:50ごろ 開室

13:00〜13:05 開会の挨拶

13:05〜14:05 講義 1「言語学的調査とラポール」 安達 真弓 (東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所)

14:05〜14:20 休憩

14:20〜15:20 講義 2「フィールド言語調査における面接型調査の設計・実践・評価」 下地 理則 (国立国語研究所 / 九州大学)

15:20〜16:00 全体質疑

16:30ごろ 閉室

12/6 (日) 10:00〜13:00

9:50ごろ 開室

10:00〜10:05 オープニング

10:05〜11:05 講義 3「アクセントの現地調査とその後の分析」 五十嵐 陽介 (国立国語研究所)

11:05〜11:20 休憩

11:20〜12:20 講義 4「フィールドワークで集めたデータをアーカイブする」 倉部 慶太 (東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所)

12:20〜13:00 全体質疑

13:30ごろ 閉室

参考

昨年度の事前研修をご参照ください。

事前登録

応募資格
言語・方言のフィールドワークに興味を持つ大学生 (4年生以上) 及び大学院生応募資格要件を満たさない方のご応募も可能ですが,応募状況によっては受講をお断りさせていただく可能性がございます。あらかじめご了承ください。
参加費
無料
定員
30名
申込先

こちらの専用フォームからお申し込みください。折り返し自動返信メールが届きますので,ご確認ください。なお,下記QRコードからでも同じページにアクセスできます。
いただいた個人情報は,個人情報保護ポリシーに則り,厳正に取り扱います。

応募締切
2020年11月2日 (月) 正午

お問い合わせ先

青井 隼人 (国立国語研究所 / 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所)
E-mail : haoi[at]aa.tufs.ac.jp[at]を@に置き換えてください。