「対照言語学の観点から見た日本語の音声と文法」オンライン研究発表会 (2021年度前期)

プロジェクト名・リーダー名
対照言語学の観点から見た日本語の音声と文法
窪薗 晴夫 (国立国語研究所 理論・対照研究領域 教授)
班名・リーダー名
音声研究班 「語のプロソディーと文のプロソディー」
窪薗 晴夫 (国立国語研究所 理論・対照研究領域 教授)
開催期日
第1回 2021年4月23日 (金) 15:00~16:00
第2回 2021年4月30日 (金) 15:00~16:00
第3回 2021年5月7日 (金) 15:00~16:00
第4回 2021年5月14日 (金) 15:00~16:00
第5回 2021年5月21日 (金) 15:00~16:00
第6回 2021年5月28日 (金) 15:00~16:00
第7回 2021年6月4日 (金) 15:00~16:00
第8回 2021年6月11日 (金) 16:30~17:30
第9回 2021年6月18日 (金) 16:30~17:30
第10回 2021年6月25日 (金) 15:00~16:00
第11回 2021年7月2日 (金) 15:00~16:00
開催場所
Web開催 (Zoom を使用)

事前登録をした方にウェブ会議の URL をお送りいたします。

参加費
無料
事前登録
こちらをご確認ください。
関連サイト
プロジェクトウェブサイト

プログラム

4月23日 (金) 15:00~16:00 「動詞に助詞・助動詞がついたときのアクセント再考 ―背景にある原理を考える」 小川 晋史 (熊本県立大学)

日本語 (共通語・東京方言) において語 (語根) になんらかの要素が接続・複合する場合のアクセント規則もしくはアクセントの出現パターンには背景原理があるのでないかということを論じる。その背景原理は接辞 (affix) ・接語 (clitics) ・語 (word) の区別とそれらの組み合わせ (i.e. 語+語, 語+接語, 語+接辞) をもとに,「形態音韻的な自立性がより高い要素のアクセントを生かす」というものである。

まずは,動詞に助詞・助動詞が付く場合のアクセントを出発点とし,これを接辞・接語の観点から見直す。最終的には複合動詞のアクセントや,名詞+名詞のいわゆる複合語アクセント規則 (およびその例外とされるもの) などもこの原理の範囲に含まれることを論じる。

4月30日 (金) 15:00~16:00 「日本語の会話における超分節的特徴 : アイデンティティー構築のための資源の検討」 守本 真帆 (国立国語研究所)

日本語の会話において,話者が様々な言語形式を駆使しながらその場の状況やコンテクストに応じたジェンダーアイデンティティーを構築していることが終助詞 (e.g. わ,ぞ,ね,など) や一人称代名詞 (e.g. 俺,僕,私),母音の縮約形 (e.g. ない→ねえ) などの社会言語学的分析により示されている (e.g. Okamoto & Shibamoto-Smith 2004)。一方,これらの言語形式の使用 (あるいは不使用) とあわせてアイデンティティー構築のための資源 (semiotic resources) として活用されうる音声学的特徴にはどのようなものがあるかをまとめた研究はまだ少ない。本発表では,そのような特徴を先行研究に基づき概観し,自然な会話においてジェンダーアイデンティティーと関わるようなかたちでピッチが操作されていることを示唆する調査の結果を報告する。

5月7日 (金) 15:00~16:00 「三重県木本方言のアクセントにおける式について」 平田 秀 (武蔵野大学)

三重県南部熊野市木本 (きのもと) 方言は,アクセント体系において「平進式」と「上昇式」の2つの「式 (文節全体が担い手となる声調的要素)」の対立をもつ。2010年以降の発表者による現地調査の結果,三重県南部尾鷲 (おわせ) 市尾鷲方言,同市九鬼 (くき) 方言,同市須賀利 (すがり) 方言の3方言において,近畿地方全域で広く話される中央式諸方言における平進式が前述3方言の上昇式に対応し,中央式諸方言の上昇式が前述3方言の平進式に対応するという現象が確認された。一方,木本方言の平進式は中央式諸方言の平進式に,上昇式は中央式諸方言の上昇式に対応し,前述3方言にみられたような,あたかも式の音調が逆転したかのような対応はみられなかった。これらの式の特徴は1950年代の先行研究で指摘されているものであり,先行研究と同様のアクセント体系が現存することを本発表で報告する。

5月14日 (金) 15:00~16:00 「上海語窄用式変調の研究小史と新たな問題点 (仮)」 髙橋 康徳 (神戸大学)

5月21日 (金) 15:00~16:00 「三重県志摩方言に見る前鼻子音の変化と問題点」 高山 知明 (金沢大学)

5月28日 (金) 15:00~16:00 「琉球語の通時的音韻論 ―首里方言の音節構造の変化と祖語の母音音価推定について―」 松森 晶子 (日本女子大学)

6月4日 (金) 15:00~16:00 「デンマーク語 stoed 研究の諸問題 : 共時論と通時論の両面から最善の音韻解釈を探る」 三村 竜之 (室蘭工業大学)

6月11日 (金) 16:30~17:30 「方言と音楽 ―音楽的知覚に対する音調パターンの影響―」 文 昶允 (筑波大学),黄 竹佑 (名古屋学院大学),橋本 大樹 (上越教育大学)

6月18日 (金) 16:30~17:30 「「間違っている声調」の脳内処理 ―台湾語変調 ERP 実験の結果分析」 黄 竹佑 (名古屋学院大学),陳 姿因,広瀬 友紀,伊藤 たかね (東京大学)

6月25日 (金) 15:00~16:00 「「ハリー・ポッター」シリーズにおける呪文名の音象徴 : 音節・有声阻害音・母音」 熊谷 学而 (関西大学)

7月2日 (金) 15:00~16:00 「韓国語密陽 (ミリャン) 方言における語形成とアクセント (仮)」 姜 英淑 (島根県立大学)

事前登録

  • 共同研究員以外の方は事前登録制です。
  • 発表要旨はプロジェクトウェブサイトにて順次公開いたします。
  • 参加を希望される方は,事前登録フォームから登録をお願いいたします。お申し込みいただいたメールアドレスにウェブ会議の詳細および URL をお送りいたします。
  • 初めて参加される際に一度登録していただければ,再登録は必要ありません。一度の登録で最終回までご参加いただけます。確実に URL を受け取るには,初めて参加する回の前日までにご登録ください。
  • ご質問のある方は 守本 morimoto[at]ninjal.ac.jp までご連絡ください。[at]を@に変えてください。
  • いただいた個人情報は,個人情報保護ポリシーに則り厳正に取り扱います。