NINJAL国際シンポジウム 「日本と北東アジアの消滅危機言語 ―記述・ドキュメンテーション・復興―」

開催期日
平成30年8月6日 (月) ~ 平成30年8月8日 (水)
開催場所
国立国語研究所 講堂 (東京都立川市緑町10-2)
交通案内
主催
国立国語研究所 機関拠点型基幹研究プロジェクト「日本の消滅危機言語・方言の記録とドキュメンテーションの作成」
東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築 (LingDy3) 」
科研費基盤研究 (S) 「言語系統樹を用いた琉球語の比較・歴史言語学的研究」

ポスター・セッション

シンポジウムの前日である8月5日 (日) におこなわれるポスター・セッションの発表者を募集します。詳細は以下の募集要項をご覧ください。

概要

いま,世界中のマイナー言語 (規模の小さな言語) が消滅の危機に瀕しています。2009年に公開されたユネスコの危機言語リストには,日本で話されている言語のうち,8つの言語 ―アイヌ語,八丈語,奄美語,国頭語,沖縄語,宮古語,八重山語,与那国語―が登録されています。しかし,これだけではなく,日本各地の伝統的な方言もまた,消滅の危機にあります。

このような状況を踏まえ,国立国語研究所と東京外国語大学は,日本各地の危機言語・方言と,それに隣接する北東アジアの危機言語を主に取り上げ,言語の記述,ドキュメンテーションおよび復興について考えるシンポジウムを企画しました。私たちは,このシンポジウムが日本の危機言語・方言の研究者と世界の危機言語・方言の研究者の連携のきっかけとなることを願っています。

プログラム

6AUG (Mon)  Ryūkyū, Hachijō and Japanese

9:00Opening remarks

9:20-10:20Keynote Talk

John WHITMAN (Cornell University)

10:35-12:40Session 1Ryūkyū and Hachijō

Coordinator: KARIMATA Shigehisa (University of the Ryukyus), SHIMOJI Michinori (Kyushu University)

13:30-14:45Session 2Revitalization in Ryūkyū

Coordinator: YAMADA Masahiro (NINJAL)

15:00-17:00Session 3Japanese dialects

Coordinator: SASAKI Kan (Ritsumeikan University), KIBE Nobuko (NINJAL)

17:15-18:15Round Table

Chair: IWASAKI Shoichi (University of California, Los Angeles)

7AUG (Tues)  Ainu and Northeast Asia

9:00Welcome

9:05-10:05Keynote Talk

Juha JANHUNEN (University of Helsinki)

10:20-12:30Session 4The dispersal of Ainu and its contact with neighboring languages

Coordinator: Anna BUGAEVA (Tokyo University of Science)

13:30-14:30Keynote Talk

Ekaterina GRUZDEVA (University of Helsinki)

14:45-16:55Session 5Northeast Asia

Coordinator: KUREBITO Megumi (Toyama University)

17:10-18:10Round Table

Chair: John WHITMAN (Cornell University)

8AUG (Wed)  Documentation and Revitalization (in general)

9:00-9:15NINJAL-UHM Session

TAKUBO Yukinori (NINJAL), FUKUDA Shin'ichiro (University of Hawai‘i at Mānoa)

9:15-10:15Keynote Talk

TAKUBO Yukinori (NINJAL)

10:15-11:15Keynote Talk

William O'GRADY (University of Hawai‘i at Mānoa)

11:30-12:30Keynote Talk

ŌHARA Yumiko (University of Hawai‘i at Hilo)

13:30-15:30Session 6Documentation and Revitalization

Coordinator: NAKAYAMA Toshihide, SHIOHARA Asako (ILCAA, TUFS)

15:45-16:45Keynote Talk

Mark TURIN (University of British Columbia)