平成29年度 国立国語研究所日本語教師セミナー (海外)

「国立国語研究所日本語教師セミナー」とは
平成28年度から国立国語研究所が実施する,日本語教育水準向上のための日本語教師を対象とするセミナーで,国内と海外で毎年1回ずつ実施します。
平成29年度は,ドイツのハンブルク大学において,下記の日程で開催いたします。

概要

タイトル

「学習者は日本語をどう理解しているか ―聴解・読解の困難点とその指導―」

日時

平成30年2月25日 (日) 13:30~16:00

場所

ハンブルク大学 (ドイツ)
アジア・アフリカ研究所 日本学科 (2階 Raum 221)

Universität Hamburg, Asien-Afrika-Institut, Abteilung für Sprache und Kultur Japans
Edmund-Siemers-Allee 1 -Flügelbau Ost- 20146 Hamburg
[ Map]

内容

理解は,頭のなかで行われる行為です。話したり書いたりすると,音声や文字という形になりますが,聞いたり読んだりする理解行為は通常目に見ることができません。本セミナーでは,翻訳という学習者の母語を介した方法で,捉えることが難しい理解行為を可視化し,理解が苦手な学習者が抱えている困難点と,理解が得意な学習者が用いている方法を紹介し,日本語教育の教室指導に生かすことを目指します。

スケジュール

  • 13:30~13:40
    趣旨説明
  • 13:40~14:40
    「日本語学習者の聴解困難点と聴解技術」
    野田 尚史
  • 14:40~14:50
    休憩
  • 14:50~15:50
    「日本語学習者の読解における語彙理解の困難点と推測ストラテジー」
  • 15:50~16:00
    まとめ

受講料

無料

お問い合わせ先

国立国語研究所 管理部 研究推進課
E-mail : ninjal-events[at]ninjal.ac.jp
メールアドレスの [at] を 「@」 に置き換えてください。
Tel. : 042-540-4353