令和元年度 国立国語研究所日本語教師セミナー (海外)

「国立国語研究所日本語教師セミナー」とは
平成28年度から国立国語研究所が実施する,日本語教育水準向上のための日本語教師を対象とするセミナーで,国内と海外で毎年1回ずつ実施します。
令和元年度の海外では,ウズベキスタンにおいて,下記の日程で開催いたします。

タイトル

「世界諸言語からみた日本語」

日時

2019年9月17日 (火) 9:30~12:55

2019年9月18日 (水) 9:30~13:00

会場

サマルカンド国立外国語大学 (93, Bustonsaroystr., Samarkand, Uzbekistan)

内容

2019年度 国立国語研究所日本語教師セミナー (海外)

[ PDF | 817KB ]

現在世界で話されている言語の数は千数百とも数千とも言われますが,使われている文字の種類は数百しかありません。この講演では世界諸言語からみた日本語の文字と文法体系について解説し,また,日本語学習に役立つウェブ教材を紹介します。

※当日の様子がサマルカンド国立外国語大学のウェブサイトに掲載されました。

プログラム

2019年9月17日 (火)

9:00~9:30受付

9:30~10:50「世界諸言語の文字からみた日本語の文字体系」

10:50~11:00質疑応答

11:00~11:15休憩

11:15~12:35「言語類型論・対照研究の知見を援用した日本語教育に向けて」

12:35~12:45質疑応答

12:45~12:55参加証手渡し (1日目のみの参加者)

2019年9月18日 (水)

9:00~9:30受付

9:30~10:50「日本語学習に役立つウェブ教材」 ―「基本動詞ハンドブック」と「日本語文型バンク」―」

10:50~11:00質疑応答

11:00~11:15休憩

11:15~12:35「日本語学習に役立つウェブ教材」 ―NINJAL-LWP for BCCWJ (NLB) ―」

12:35~12:45質疑応答

12:45~13:00修了式

講師

プラシャント・パルデシ
国立国語研究所 教授 (理論・対照研究領域)
神戸大学等を経て,2009年より現職。専門は対照言語学,日本語文法,マラーティー語文法,および,コーパス言語学。主な著書は,『日本語・マラーティー語基本動詞辞典』 (共著,神戸大学文学部),『A Functional Account of Marathi's Voice Phenomena: Passives and Causatives in Marathi』 (Brill, 2016) 等。

参加申し込み

ポスターに記載の事前登録先までご連絡ください。

受講料

無料

お問い合わせ先

国立国語研究所 管理部 研究推進課
E-mail : ninjal-events[at]ninjal.ac.jp[at]を@に変えてください。
Tel. : 042-540-4489