写真で見る国立国語研究所の歴史
明治時代以来の「国語国字問題」
まず始めに,国語研究所が創設されるまでの背景を見てみましょう。
幕末・明治以来,国語国字問題は国にとって重要な課題であり,さまざまな立場からの議論が行われてきました。
その中でよく知られているものには,例えば平仮名での表記を主張した前島密(まえじま ひそか)の「漢字御廃止之議」(慶応2(1866)年),ローマ字採用を主張した南部義籌(なんぶ よしかず)の「文字ヲ改換スル議」(明治2(1869)年)や西周(にし あまね)の「洋字ヲ以テ国語ヲ書スルノ論」(明治7(1874)年),漢字数の制限を主張した福沢諭吉の「文字之教」(明治6(1873)年),などがあります。
一方,国では文部省に国語調査委員会(明治35(1902)年),臨時国語調査会(大正10(1921)年),国語審議会(昭和9(1934)年)などを設置してきました。その過程で,標準語,漢字節減,仮名遣い,ローマ字の綴り方の規則などについて審議してきました。
国語調査委員会写真
国語調査委員会(明治35(1902)年11月撮影)。
新村出より西尾実所長へ寄贈された。
新村出より写真を寄付された時の手紙
新村出より写真を寄贈された時の手紙
次の章へ
前の章へ ご案内へ
Flashプラグインバナー 一部のコンテンツをご覧いただくには,Flashプラグインが必要です。
こちらのサイトからダウンロードしてください(無償)
国立国語研究所バナー 当サイトに掲載の情報の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Institute for Japanese Language and Linguistics