写真で見る国立国語研究所の歴史
国立国語研究所の設立
国立国語研究所設置を求める声
第二次世界大戦の敗戦とその後の占領期は,大きな転機となります。「国民生活の能率の向上と文化の進展のため,国語の合理化が必要である」という認識が強まり,国語に関する科学的総合的な研究を行う機関の設置が,強く望まれるようになりました。
まず,昭和21(1946)年9月21日の第11回国語審議会総会では「国語審議会は,国語国字問題の重要性にかんがみ,大規模の基礎的調査機関を設けて,その根本的解決をはかられんことを望む。」という建議を採択し,文部大臣に提出しました。
そして,昭和22(1947)年8月に開かれた第1回国会に「国語国字問題の研究機関設置に関する請願」が提出されました。
この請願は参議院で11月26日,続いて衆議院で12月9日に採択されました。
寄り道 国立国語研究所と山本有三
国立国語研究所の設置実現へ
このような各方面の要望を受けて,翌年国立国語研究所の設立が閣議決定されました(昭和23(1948)年4月2日)。
文部省では閣議決定を受けて直ちに準備に入り,創設委員会を設置しました。委員会は8月17日から19日まで開かれ,研究所の性格や設置法案,人事などについて審議し,文部大臣に意見書を提出しました。 
そしてその年の11月13日には,国立国語研究所設置法案が内閣から国会に提出され,11月21日に可決成立しました。そして国立国語研究所設置法が12月20日に公布・施行され,ここに明治以来の懸案であった国家的な国語研究機関の設置が実現したのです。
寄り道 立法の趣旨
研究所は明治神宮聖徳記念絵画館(東京都新宿区)の一部を借用して,さっそく業務を開始しました。初代所長には,早い段階から設立にかかわってきた西尾実が就任しました。その他の所員は,庶務部5人,研究員30人。小さな所帯でのスタートです。
寄り道 建物の変遷
次の章へ
前の章へ ご案内ページへ
Flashプラグインバナー 一部のコンテンツをご覧いただくには,Flashプラグインが必要です。
こちらのサイトからダウンロードしてください(無償)
国立国語研究所バナー 当サイトに掲載の情報の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Institute for Japanese Language and Linguistics