写真で見る国立国語研究所の歴史
さまざまな研究成果
ここでは,さまざまな研究成果のうち,代表的なものをいくつか紹介しましょう。
語彙調査:基礎の確立と計量国語学への展開
『高校教科書の語彙調査』
国立国語研究所では,国民の言語生活に大きな影響を与えるマスメディアや教科書での言葉の使われ方の調査,いわゆる「語彙調査」を行ってきました。
最初の語彙調査は,女性向けの雑誌を対象とした研究です。
昭和25(1950)年に発行された『主婦の友』と『婦人生活』を調査対象として,全体の15〜16%にあたるページを対象に延べ20万語を選んで,言葉の使われ方を分析しました。これらの雑誌を選んだのは,日常の家庭生活用語,特に衣食住に関する語彙について分析しようと考えたからです。この調査では,データを選び出すのに進んだ統計的技術が用いられており,のちの語彙調査の手法の基礎が築かれました。
「主婦の友」 「婦人生活」
「主婦の友」 「婦人生活」
『総合雑誌の用語』
雑誌を対象とする語彙調査はその後も継続され,総合雑誌16種類(昭和28・29(1953・1954)年発行分)を対象にした調査,さらに一般雑誌90種類(昭和31(1956)年発行分)を対象にした調査,と進んでいきました。
『現代雑誌九十種の用語用字』
とくに規模の拡大という面で画期的な「雑誌九十種」の調査は,単にデータ数が多いだけではなく,取り組んだ時期の早さ,群を抜くデータの統計的精度など,世界的に見ても先駆的な研究成果です。
このような語彙調査は,大型電子計算機を導入して語彙データの分析を開始したことによって,さらなる展開をします。
昭和41(1966)年から,新聞(昭和41年発行の朝日・毎日・読売各紙)を対象にした語彙調査が行われました。この時,当時は理工系の研究所でも珍しかった大型電子計算機を導入して語彙データの処理を開始しました。この取り組みによって,データ量が増えたのはもちろん,さまざまな計量的分析や,文脈付き用例集(KWIC)作成システムの設計など,多くの新しい研究手法が生み出されました。こうして,国語研を中心に,計量国語学という研究分野が確立していきます。
入力の様子
漢字テレタイプ入力キーボード
校正用漢字プリントアウト
校正用にプリントアウトしたデータ
HITAC3010写真
最初の電子計算機HITAC3010
漢字テレタイプ付属印刷装置
漢字テレタイプ付属印刷装置

寄り道 待望のコンピュータ
雑誌の語彙・漢字調査の伝統は受け継がれ,平成13〜17(2001〜2005)年には一般雑誌70種類(平成6(1994)年発行分)を対象にした「現代雑誌200万字言語調査」が実施されています。
語彙調査の総合的な成果の一つに,『分類語彙表』があります。シソーラス(類義語辞典)の草分け的存在として,昭和39(1964)年の刊行以来,幅広く利用されました。2004年に増補改訂版を刊行しました。
分類語彙表(1964版) 分類語彙表(2004版)
分類語彙表(1964版) 分類語彙表(2004版)
社会言語学の確立と継続的な社会調査
八丈島(調査風景)
白河(調査風景)
白河での調査
創立当初から研究のキーワードだった「言語生活」ですが,その取り組みの成果は早くも研究報告の1冊目『八丈島の言語調査』,2冊目『言語生活の実態:白河市および付近の農村における』として相次いで出されました。このような社会調査をベースに分析する方法は,後に社会言語学と呼ばれる研究分野として確立していきます。
白河(調査風景)
国語研では様々な社会言語学の研究を行っていますが,研究所ならではの取り組みの一つに,山形県鶴岡市を調査地点にした継続調査が挙げられます。これは20年ごとに同じ地点で言語生活の実態を調査したものです。昭和25(1950)年に第1回目の調査を実施し,その後,約20年毎に平成23・24(2011・2012)年の第4回目まで実施されています。また,昭和27・28(1952・1953)年,昭和46・47(1971・1972)年,平成20・21(2008・2009)年には,愛知県岡崎市で敬語の使われ方を調査しました。
調査票写真 下のボタンをクリックすると
調査録音が聞けます

鶴岡調査で使った調査票
右から昭和25年,昭和46年,平成3年の各調査のもの
鶴岡報告書
岡崎報告書
社会調査では,大勢の調査員が共通の調査票を用いて面接調査などを行い,データを集めます。一定の分析をするためには,多くの回答者からのデータが必要です。このように大規模でしかも長期にわたって繰り返すような調査は世界的にも珍しいものです。継続調査は,組織的に取り組むことで初めて可能な,国語研ならではの研究成果と言えます。
こうした研究により,時間の経過にともなう言葉の変化を科学的に分析することが可能になりました。
言語地図
日本言語地図
カード
情報収集にはカードを使用
語形を表すスタンプ
日本言語地図作成に使用した語形を表すスタンプ
国語研では,昭和32(1957)年から始めた調査を踏まえて,昭和41(1966)年から49(1974)年にかけて『日本言語地図』全6集を刊行しました。言語地理学という分野では,言葉の地理的な広がりを調べることで,言葉の変化や体系を分析します。この『日本言語地図』は,厳密な言語地理学の手法に基づいて調査・作成した日本最初の全国的な方言地図です。全国からくまなく調査地点を選び,特定の単語の土地毎の言い方や発音のしかたなどを調べ,地図上にその分布の様子を示しました。
日本言語地図を作成している様子
日本言語地図を作成している様子
寄り道 日本語情報資料館へ
平成元年からは,文法に焦点をあてた『方言文法全国地図』全6集が作成されています。第5集からは地図作成にコンピュータを導入し,データをウェブ上で公開することで,研究成果が広く活用されることを目指しました。
寄り道 方言研究の部屋へ
方言文法全国地図
こうした言語地図作成のための調査研究が始まりとなって,日本における言語地理学研究が大きく発展しました。
日本語教育の推進
LL教室
昭和49(1974)年には,日本語教育を担当する部署が設置されました。まだ大学などに日本語教師を養成する課程がほとんど設けられていない頃で,日本語教育・日本語教師養成に取り組むさきがけでした。
その成果は,多様な日本語教師養成のための研修プログラムや,研修成果の頒布,ビデオ教材の開発などの形で広く発信されてきました。
寄り道 日本語教育ブックレットへ
日本語教育ブックレット
また,世界各地で日本語教師のリーダーとして活躍する人材を養成するため,平成13(2001)年度から政策研究大学院大学・国際交流基金と共同で,留学生を対象にした大学院課程(修士・博士)を設置し,教育を行ってきました。
こうした直接的な日本語教育推進と同時に,日本語と外国語との対照研究を行ったり,日本語教育のための基本語彙をまとめたりするなど,基礎的な研究も積み重ねてきました。
『日本語教育基本語彙第(六千語)』
対照研究
国語政策への寄与・社会との結びつき
国語研では,「国語政策の立案のための基礎資料の提供」が設立目的のひとつに掲げられていました。科学的な調査研究に基づいたデータを提示し,国の施策に役立ててきました。
国語教育の分野では,当初から学力標準設定の方法や学習指導方法の改善など,学校教育の現場に直結した研究課題にとりくんでいました。例えば,昭和27(1952)年から国立教育研究所が全国規模で行なった学力水準調査に協力しています。その前年に,文部省がこの調査を関東地区を対象に行なった時も,協力しています。
また,昭和28(1953)年から行っていた「言語能力の発達に関する調査研究」成果は,国語審議会が国語施策と教育との関連を審議する時に,資料として使われました。
学力水準調査の調査票
語彙調査や漢字調査の成果も活用されています。「どのような語彙や漢字がどのくらい使われているか」ということを客観的に分析した「雑誌九十種」調査などの成果は,国語審議会が当用漢字表を見直し,常用漢字表をまとめた時の資料として活用されました。
外来語の問題も幾度か取り上げられています。研究所独自の研究蓄積をもとに,外来語の実態調査を行いました。その成果のひとつに,『定着度による外来語分類の試み』(平成14(2002)年3月)があります。
さらに平成14年度からは,外来語委員会を設けて,わかりにくい外来語について「外来語言い換え提案」を継続的に行いました。
日本語の現在報告書
外来語報告書
「辺」の異体字一覧のページ
他にも,電子媒体で漢字を扱う場合の問題に取り組み,日本規格協会・情報処理学会と共同で「汎用電子情報交換環境整備プログラム」を推進しました。これは国の電子政府施策の一環です(国語研は基礎研究や基礎データの収集分析を担当)。
次の章へ
前の章へ ご案内ページへ
Flashプラグインバナー 一部のコンテンツをご覧いただくには,Flashプラグインが必要です。
こちらのサイトからダウンロードしてください(無償)
国立国語研究所バナー 当サイトに掲載の情報の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Institute for Japanese Language and Linguistics