写真で見る国立国語研究所の歴史
研究成果の普及
第1回公開講演会ポスター
研究所設立当時から,研究成果の公表には積極的に取り組んできました。研究成果を報告書にまとめて刊行することは言うまでもなく,研究交流の場を早くから設けてきました。研究所が発足して1年後の昭和25(1950)年1月28日には,早くも第1回の公開講演会を開いています。
国語研では,現在にいたるまで優れた研究内容・成果を社会に還元し,貢献するために各種イベントを実施し,様々な形で発信しています。
フォーラムの様子の写真
「新庁舎ひろうの会」の様子
「新庁舎ひろうの会」の様子
「新庁舎ひろうの会」の様子
「新庁舎ひろうの会」の様子
昭和37(1962)年に西が丘庁舎(当時は稲付西山町)に移転した時には,「新庁舎ひろうの会」を催して所内を一般公開しました。その折には,ポスターを展示したり,所員が説明をするなど,訪れた人たちに研究成果を伝える努力をしました。
創立50周年記念事業での研究室公開風景
創立50周年記念事業での研究室公開風景
また,『新「ことば」シリーズ』という小冊子や「ことばビデオ」を作成・頒布し,誰もが言葉について自ら考え,言語生活を豊かにするためのヒントや材料を提供することを目指してきました。
ことばビデオ
新「ことば」シリーズ
このほか,新聞・テレビ・ラジオなどのマスコミに研究所員が登場し,視聴者からの言葉をめぐる質問に答えることもあります。皆さんも,どこかで私たちの姿を見かけませんでしたか?
次の章へ
前の章へ ご案内ページへ
Flashプラグインバナー 一部のコンテンツをご覧いただくには,Flashプラグインが必要です。
こちらのサイトからダウンロードしてください(無償)
国立国語研究所バナー 当サイトに掲載の情報の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Institute for Japanese Language and Linguistics