論文募集

投稿を希望される方は,最新版の「投稿・執筆要領」の全文をご確認の上,「投稿原稿」と「原稿送付状」を編集委員会へご提出ください (申し込み制は廃止しました) 。

各ファイルの英語版はこちらをご覧ください。

「投稿・執筆要領」 (2018年6月改正) (抄)

1. 刊行
国立国語研究所における研究活動の活性化と成果の公表及び若手研究者育成を目的として,『国立国語研究所論集』 (英語名 “NINJAL Research Papers”) を各年度に2回 (原則として,7月と1月) 発行する。

2. 投稿資格
投稿時に次のいずれかに該当する者とする。ただし,共著の場合は第1著者が次のいずれかに該当すればよい。
(1) 研究所の研究教育職員・研究員
(2) 研究所の客員教員,非常勤研究員・プロジェクト研究員,外来研究員,共同研究プロジェクトに参画している共同研究員 (外来研究員及び共同研究員の場合は,それぞれ,受入れ教員及び参画している共同研究プロジェクトのリーダーに相談の上,投稿すること。)
(3) 研究所の名誉教授
(4) その他,編集委員会が認めた者
 (注) 上記 (1),(2) に該当する者が退職または任期終了した場合は,その後5年間は投稿資格を有するものとする。ただし,年度途中の退職または任期終了は,その年度末に発生したものとみなす。

3. 投稿時期
投稿原稿の締切は,毎年3月,6月,9月,12月の各10日とする。

4. 論文内容
(1) 投稿は未公刊のオリジナルな原稿に限る。他誌に投稿中の原稿は投稿できない。
(2) 研究所の設置目的に沿う内容なら,理論・記述・調査・実験等の手法や分析の枠組みは問わない。ただし,「2. 投稿資格」の (2) に該当する者が投稿する場合は,内容は研究所在職中の研究内容・成果に関するものに限る。
(3) 研究所の研究教育職員・研究員及び非常勤研究員・プロジェクト研究員が投稿する場合は,原則としてNINJALサロンで発表し,そこでの指摘を反映させた原稿とする。また,共同研究員が投稿する場合は,原則として,参画している共同研究プロジェクトの研究発表会で発表し,そこでの指摘を反映させた原稿とする。
(4) 共同研究員が投稿する場合は,論文の内容は,共同研究プロジェクトの研究内容及び研究成果であること。また,そのことを明示するために,論文の謝辞の中に「本稿 (の一部) は○○型共同研究プロジェクト「○○プロジェクト」 (プロジェクトリーダー : ○○□□) の研究成果である。」という内容の一文を入れること。
(5) 外来研究員が投稿する場合は,論文の内容は,滞在期間中の研究題目に関する研究内容及び研究成果であること。また,そのことを明示するために,論文の謝辞の中に「本稿 (の一部) は筆者が○○○○年○○月~○○○○年○○月まで国立国語研究所に外来研究員として滞在した際の研究テーマ「~」の研究成果である。」という内容の一文を入れること。
(6) 研究の中間報告,既発表論文のデータ補足的な報告も可とする。

5. 原稿のカテゴリー
「論文」のみとし,研究ノートや書評紹介は含めない。

6. 原稿の書式等
(1) 使用言語は,日本語,英語のいずれかとする。
(2) 原稿の分量は,日本語・英語それぞれ所定の書式設定で作成し,原則として,日本語の場合は30ページ以内,英語の場合は50ページ以内とする (それぞれ,図,表,文献,要旨等を含む) 。

7. 原稿提出方法
投稿原稿は,郵送または電子メールで編集委員会に提出すること。

原稿の構成,書式,添付する文書,投稿先については,「投稿・執筆要項」 (全文) の「6. 原稿の書式等」及び「7. 原稿提出方法」をご覧ください。

8. 著作権
著者は,原稿を投稿する際に,以下を承諾したものとする。
・個々の論文の著作権は著者に帰属する。
・著者は,論文の複製権と公衆送信権の行使を研究所に許諾する。
・その他「国立国語研究所における編集著作物の取扱いについて」に定められている事項。
なお,他の著作物に掲載された図版の転載等にかかわる著作権処理,及びデータの利用・公開にかかわる関係者の許諾取得は,著者の責任において行うこと。

9. 採否
原稿の採否は,編集委員会が査読の上,決定する。

投稿先・問い合わせ先

国立国語研究所論集編集委員会
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所
〒190-8561 東京都立川市緑町10-2
投稿先 E-mail: papers-submission[at]ninjal.ac.jp
問い合わせ先 E-mail: papers[at]ninjal.ac.jp
[at]を@に変えてください。