多角的アプローチによる現代日本語の動態の解明 プロジェクトの詳細

研究目的

この共同研究は,戦後60年余 (20世紀後半から21世紀初頭) の「現代日本語」,特に音声・語彙・文法・文字・表記などの言語形式に注目して,そこに見られる変異の実態,変化の方向性,すなわち「動態」を,従来試みられることのなかった「多角的なアプローチ」によって解明することを目的とする。あわせて,現代日本語の的確な動態把握に基づき,言語問題の解決に資する応用研究分野の開拓を目指す。

国立国語研究所・時空間変異研究系のプロジェクトとして,「時間的変異」と「社会的変異」の双方の観点からサブテーマを設定し,変化して止まない現代日本語の研究に,従来の枠組みを超えた融合的な新領域を開拓する。 そのため,近接領域で類似の言語現象を研究していながら,従来は一堂に会して議論をする機会の少なかった国語学,日本語学,言語学,社会言語学など様々な背景を持つ所内外の研究者に,情報交換や相互啓発のための「場」を提供する。

研究計画・方法

この共同研究は,時空間変異研究系のプロジェクトとして,長期的な展望の下に実施する予定である。当面は平成24年度までを第1期として実施する。リーダーの相澤が,全体の総括と運営を行う。平成23年度は,前年度に引き続き,大きく次の5つの観点から,各共同研究員が設定するサブテーマを軸として,相互の連携を図りつつ,共同研究を展開していく (括弧内は,主たる担当者。越境はもちろん自由)。

  1. 言語変化の先端現象の把握・分析 (田中 ゆかり,尾崎 喜光)
  2. 戦後60年余の通時的変化の把握・分析 (金 愛蘭,新野 直哉)
  3. 多元的分析手法の開発 (石井 正彦,塩田 雄大)
  4. 新規資料の発掘・分析 (松田 謙次郎,金澤 裕之)
  5. 言語問題の解決に資する応用研究 (田中 牧郎,相澤 正夫)

また,上記1~4のいずれかに関連して,世論調査型の全国調査を実施する。上記4に関連して,昭和戦前期の「SP盤貴重音源資料」の文字化を進める。第1期のまとめとして作成する論文集の原稿執筆に着手する。

共同研究員 (所属)

  • 東 照二
    (ユタ大学)
  • 石井 正彦
    (大阪大学)
  • 岡部 嘉幸
    (千葉大学)
  • 小椋 秀樹
    (立命館大学)
  • 尾崎 喜光
    (ノートルダム清心女子大学)
  • 金澤 裕之
    (横浜国立大学)
  • 金 愛蘭
    (広島大学)
  • 塩田 雄大
    (NHK放送文化研究所)
  • 高田 三枝子
    (愛知学院大学 )
  • 田中 牧郎
    (明治大学 / 国立国語研究所客員)
  • 田中 ゆかり
    (日本大学)
  • 南部 智史
    (日本学術振興会特別研究員)
  • 林 直樹
    (日本大学)
  • 前田 忠彦
    (統計数理研究所)
  • 松田 謙次郎
    (神戸松蔭女子学院大学)
  • 矢島 正浩
    (愛知教育大学)
  • 朝日 祥之
    (国立国語研究所)
  • 新野 直哉
    (国立国語研究所)
  • 丸山 岳彦
    (国立国語研究所)