研究組織

ミッション

国立国語研究所 (NINJAL) は,世界諸言語の中で日本語が持つ特質と普遍性並びに多様性を解明するため日本語に関する総合的・包括的研究を推進し,日本語教育を含む関連領域での成果の活用を促進するとともに,人間活動の基盤としての言語に係わる新研究領域の開発に寄与することを長期的な目的としています。大学共同利用機関である国語研は,共同研究と共同利用という2つの基本的なミッションを担っています。

このミッションに沿い,第3期中期目標・中期計画期間 (2016~2021年度) においては,基幹研究プロジェクト「多様な言語資源に基づく総合的日本語研究の開拓」を主軸として,種々の共同利用・共同研究の活動をして行っています。

  • 共同利用
    現代語・古典語,標準語・方言,書き言葉・話し言葉,日本語の非母語話者による日本語習得過程など,日本語研究の基礎データとなる大量の言語資源を整備し,大学・研究者コミュニティ・一般社会に提供する。
  • 共同研究
    (1) の言語資源に基づく先導的な大型共同研究を国内外の大学・研究機関と連携して実施し,全国的・国際的研究ネットワークを形成する。

組織

上述の目的を達成するため,5つの研究領域で構成される研究系と2つのセンターが設けられ,これらは有機的に連携して研究の融合性を高めます。