国際展開事業

英国・オックスフォード大学と学術交流

国語研は,英国のオックスフォード大学人文科学部と学術交流協定を締結しました。

2015年7月2日の協定締結式には,オックスフォード大学から東洋学部長のビャーケ・フレレスビッグ教授と,国語研から影山太郎所長ら4名が出席しました。

この協定では,従来は歴史コーパスの研究に限定されてきたオックスフォード大学との研究交流を拡大させるとともに,両機関の若手の日本語研究者の交流と育成にも取り組み,日本語に関する言語学研究が日英両国だけでなく世界規模で促進されることを目指します。

今後,両機関は,新たな国際共同研究プロジェクトの構築に向け,あらゆる可能性を探ることで一致しており,国語研では,国際研究ネットワークの強化など日本語研究の国際化の進展に寄与するものと大いに期待を寄せています。

協定締結後に握手する影山所長とフレレスビック学部長

北京日本学研究センターと学術交流 (2014年6月)

国立国語研究所は,研究者の交流や国際共同研究の推進などを目的として,北京日本学研究センターと学術交流合意書を締結しました。

合意書締結後に行われた意見交換には,徐一平北京日本学研究センター主任ら2人,影山太郎国語研究所所長,迫田久美子日本語教育研究・情報センター長ら5人が出席し,今後の共同研究テーマである『中国語話者の日本語学習者の縦断コーパス構築とデータに基づく実証的研究 (仮称) 』に関して協議が行われました。

北京日本学研究センターは,日本の国際交流基金と中国の国家教育部の協議により1985年に開設,発展した大学院レベルの教育研究機関です。

合意書を掲げる影山所長(左)と徐センター主任(右)

国立国語研究所と北京日本学研究センターの関係者

台湾中央研究院と学術交流

影山所長による挨拶

国語研では,台湾中央研究院 (英語名 : Academia Sinica) と研究協力に関する覚書を取り交わしました。台北市の中央研究院・語言學研究所にて行われた署名式典では,王汎森中央研究院副所長,鄭秋豫語言學研究所長,影山太郎国語研所長による挨拶に続いて,覚書の署名・交換を行いました。

この覚書は,研究者の交流や国際シンポジウムの共同開催,国際共同研究の推進等を目的としたものであり,特に東アジア地域における,言語研究のさらなる活発化が期待されます。

鄭語言學研究所長との覚書交換 (2014年3月7日)

中央研究院は,台湾の最高学術研究機関で語言學研究所など30の研究所から成り,人文,科学の研究,指導,連絡,学術振興,人材育成を行なっています。

研究成果の国際的発信に向けて

影山国語研所長とDr. Uri Tadmor ムートン社編集部長
(2012年8月)

国語研は,言語学関係の出版社として世界をリードするDe Gruyter Mouton (ドゥ・グロイター ムートン社。ベルリン / ボストン) と研究成果の出版に関して包括的な協定を結びました。これは,国語研が行っている国際的な共同研究活動に注目した同社が,国語研に対して研究成果の国際的普及を申し出たことによるものです。

De Gruyter Mouton社との協定のもと,以下の刊行物も現在進行中です。

  • Valency and Transitivity Alternations: Studies on Japanese and Beyond
    edited by Taro Kageyama and Wesley M. Jacobsen.

ドイツ・マックスプランク研究所及びイギリス・オックスフォード大学と学術交流
(2010年9月27日~10月5日)

所長による,JAPANESE/KOREAN Linguistics Conferenceでの基調講演の様子

研究所の学術推進・国際展開事業の一環として,当研究所の影山太郎所長は,ドイツ連邦共和国のマックスプランク研究所・英国オックスフォード大学を訪問しました。
さる9月28日影山所長は,マックスプランク進化人類学研究所のバーナード・コムリー所長と会談し,これまでの研究交流の実績を踏まえ,今後もさらに両研究所が活発な学術交流を進めていくことで合意しました。
続いて10月2日には,オックスフォード大学東洋学研究所日本語研究センターのビャーケ・フレレスビッグ所長と会談し,古典日本語のコーパス*構築について,両研究所が研究協力・交流を密にすることで合意しました。

それに先立ち10月1日所長は,オックスフォード大学が進める古典日本語コーパスプロジェクトの会議に出席し,現在国語研で行っている史的コーパス構築プロジェクトについて紹介しました。また,同大学主催のJAPANESE/KOREAN Linguistics Conferenceで基調講演"Distorted argument realization in agent incorporation" (10:00 am - 11:00am Friday, October 1, 2010) を行いました。

*コーパス (corpus) とは,研究用言語データベースのことで,体系的に資料を収集し,研究用の情報を付加したものです。

関連研究