このプロジェクトは平成24年9月で終了しました。今後の更新予定はありません。

文脈情報に基づく複合的言語要素の合成的意味記述に関する研究

略称合成的意味記述
プロジェクトリーダー山口 昌也 (やまぐち まさや)
国立国語研究所 言語資源研究系 准教授
研究分野言語学,知識情報処理
キーワード自然言語処理,意味記述,文脈

概要

文脈情報は,従来から,シソーラスの自動構築,多義語の曖昧性解消など自然言語処理のタスクにおいて利用されてきた。多くの研究では,「類似する文脈に出現する語は意味的にも類似している」という「分布仮説」を前提としており,文脈情報は一種の意味記述として利用されている。本研究プロジェクトでは,単語周辺の文脈情報から,複合的な言語要素 (例 : 複合動詞) の意味記述 (文脈情報) を合成的に導出する理論の確立を目指し,(1) (個々の) 単語周辺の文脈情報と,複合的に用いられたときの文脈情報との関係の解明,(2) 文脈情報の表現方法などを含めた分布仮説の検証,(3) 自然言語処理結果の言語学的観点からの検証,を行う。

本プロジェクトは,言語学,日本語学,自然言語処理の専門家から構成される。そのため,自然言語処理の精度向上への寄与のみならず,工学の見地から国語辞典編集などへの数理的なフィードバックを期待できる。