このプロジェクトは平成25年10月で終了しました。今後の更新予定はありません。

近現代日本語における新語・新用法の研究

略称新語・新用法研究
プロジェクトリーダー新野 直哉
研究分野言語学
キーワード言語学,日本語学,日本語教育

概要

近現代の日本語においては,次々に新語が生まれ,また以前からある語句でも,意味・用法の変化が次々に起きている。その中には,流行語のように一時的に多用されたり,メディアで話題になったりするもののほか,いつの間にか定着してしまうものも少なくない。それらの新語・新用法に関する,発生・浸透・定着の時期やそのプロセスという言語変化そのものについての研究,さらにその背景にある,正誤・好悪・美醜などに関わる一般社会の言語意識の問題について,研究を行う。必ずしも語彙研究には限定せず,文法・表現法等に関わる事例も対象とする。

本研究では,現在進行中の言語変化を分析することにより,一般的な言語変化研究に応用できる理論を得る。また国語教育・日本語教育分野へ貢献するとともに,国民の知的関心に応える。