このプロジェクトは平成25年10月で終了しました。今後の更新予定はありません。

日本語教育のためのコーパスを利用したオンライン日本語アクセント辞書の開発

略称アクセント辞書
プロジェクトリーダー峯松 信明
東京大学大学院 工学系研究科 教授
研究分野日本語教育学,音声学,音声工学
キーワード日本語教育,外国語訛り,韻律的特徴,アクセント結合,オンライン辞書
プロジェクトの成果日本語教師・学習者のためのオンライン日本語アクセント辞書
OJAD (Online Japanese Accent Dictionary)

概要

Web上でアクセント学習が体系的に行える,世界で初めてのオンライン日本語アクセント辞書を作成する。共通語 (東京方言) のアクセントには,ある程度規則性があり,特に用言の活用語尾におけるアクセント変化は体系的に効率よく学ぶことが可能である。発話者の音声が自然なピッチパターンを形成するには,孤立単語のアクセント型のみならず,活用後や連結後のアクセント型 (アクセント変形) も習得していなければならないが,そのための教育・学習環境が十分でない。本研究は,世界中の学習者と日本語教師が,初級レベルの文型導入時から簡単に参照でき,授業進度に合わせてクラス活動に取り入れられるWeb辞書の構築を目指し,見出し語,品詞,能力試験基準のレベル,辞書形・各種活用形のアクセント型等の情報を含む。辞書開発には,形態素解析辞書 UniDic を組み込む。対象とする文・語彙の選定は各種日本語教科書を参照するが,能力試験基準の各レベルに相応しい文章を BCCWJ より採択するなど,「日本語書き言葉コーパス」の成果を最大限活用する予定であり「書き言葉コーパスの教育分野での応用研究」に合致するものである。