方言と言語の多様性

日本語の方言と言語の多様性を対象とした資料です。

  • 日本言語地図

    『日本言語地図』は,各地の方言で,どのような語形や発音がどこに現れるかを表示した言語地図 (方言地図) です。全国の方言の地理的分布を一望できる基礎資料です。『日本言語地図』所載の地図の画像 (全300図) を公開しています。

  • 方言文法全国地図

    『方言文法全国地図』は,文法事象の全国的な分布を展望できる言語地図 (方言地図) で,方言研究における基本的な資料です。『方言文法全国地図』所載の地図の画像 (全350図) を公開しています。

  • (方言研究の部屋) データとプログラム

    『方言文法全国地図』全データ (1~6集),最新版PDF『方言文法全国地図』 (1~6集),方言文法全国地図作成の機械化 (イラストレータ用プラグイン・白地図・記号),準備調査 (調査票と地図・データ),言語地図データベースの公開ページ。

  • トピック別 アイヌ語会話辞典

    1898年に刊行された『アイヌ語會話字典』を底本とし,口語訳や音声・ビデオ・写真などのデータを付与したオンライン辞典です。

  • アイヌ語口承文芸コーパス ―音声・グロスつき―

    木村きみさん (1900-1988,沙流川上流域のペナコリ出身) がアイヌ語で語った物語10編 (ウエペケㇾ (散文説話) 8編,カムイユカㇻ (神謡) 2編) 約3時間分の音声に,日本語と英語による訳とグロスや注解を付けた初めてのアイヌ口承文芸デジタル集成。

  • 使役交替言語地図

    世界の言語の形態的関連のある有対動詞を収集した地理類型論的なデータベースです。
    日本語を含む諸言語の有対自他動詞の類型論的な情報を,世界地図およびチャート (表) 上で可視化し,有対自他動詞を類型論的な視点から分析できるウェブアプリケーションです。

  • 岡崎敬語調査データベース

    国立国語研究所が中心となって,愛知県岡崎市で行った敬語調査のデータベースである。岡崎敬語調査 (OSH) は,1953 (昭和28) 年,1972 (昭和47) 年,2008 (平成20) 年に行われ,戦後の55年という長いタイムスパンの実時間の変化が分かる。

  • 沖縄語辞典データ集

    国立国語研究所資料集5 『沖縄語辞典』の本文篇,索引篇,地名一覧表のデータです。

  • 「日本の消滅危機言語・方言」データベース

    このデータベースは,日本の消滅危機言語・方言の音声を公開するものです。奄美・沖縄のことば,八丈島のことばをはじめとする,日本各地の消滅危機言語・方言の単語の発音や自然談話の発音が収録されています。文字化テキスト,共通語訳もついています。

  • 甑島方言アクセントデータベース

    このデータベースは甑島 (鹿児島県薩摩川内市) の方言音声 (アクセント) を教育研究に資する目的で公開するものです。甑島は鹿児島県の西40kmのところにある島で,推定話者数3,000人の危機方言です

  • 鶴岡調査データベース

    国立国語研究所が中心となって,山形県鶴岡市で行った共通語化調査の回答データです。鶴岡調査は,1950年,1971年,1991年,2011年の4回にわたって実施されました。