Evidence-based Linguistics Workshop

Evidence-based Linguistics Workshop
開催期日
2022年9月5日 (月) 9:30~17:30、6日 (火) 9:30~17:30
開催場所
・国立国語研究所 講堂、多目的室、セミナー室、大会議室、中会議室1、中会議室2、小会議室 (東京都立川市緑町10-2) 交通案内
・Web開催
共催
国立国語研究所 共同研究プロジェクト 「実証的な理論・対照言語学の推進」
・サブプロジェクト「アノテーションデータを用いた実証的計算心理言語学」
・サブプロジェクト「日本・琉球語諸方言におけるイントネーションの多様性解明のための実証的研究」
・サブプロジェクト「計算言語学的手法による理論言語学の実証的な方法論の開拓」
・サブプロジェクト「体言化の実証的な言語類型論―理論・フィールドワーク・歴史・方言の観点から―」
・サブプロジェクト「述語の意味と文法に関する実証的類型論」
神戸大学 人文科学研究科
定員
オンサイト : 発表者、所員、共同研究員に限る
オンライン : 300人まで
関連サイト
Evidence-based Linguistics Workshop 2022
キーワード
研究発表会・シンポジウム、オンライン開催、現代日本語、日本語史、方言、琉球諸語、アイヌ語、日本語教育、音声・音韻、語彙・意味、文法、文字・表記、文章・文体、会話・談話、待遇表現、対照研究、情報処理

概要

Evidence-based Linguistics Workshop は、国立国語研究所理論対照グループの研究成果を公開形式で報告するとともに、研究発表を一般公募することによって、理論言語学・対照言語学・フィールド言語学・コーパス言語学・実験言語学の開かれた交流の場を提供しようとするものです。

初回の2022年度は国立国語研究所理論対照グループの基幹型プロジェクト「実証的な理論・対照言語学の推進」のサブプロジェクトの研究計画を発表するとともに、理論言語学・対照言語学・フィールド言語学・コーパス言語学・実験言語学の研究発表を募集します。

本ワークショップは、国立国語研究所理論対照グループと神戸大学人文学研究科の共催により開催します。

研究発表募集

研究発表 (一般発表) 募集 どなたでも研究発表の応募ができます。(参加無料)

  • 発表申込締切 : 2022年7月4日 (月) 8:00
投稿をシェアする
note