第127回 NINJALコロキウム
"The Best Writing System of the World"

開催期日
2022年12月20日 (火) 15:30~17:30
開催場所
Web開催
講師
Florian Coulmas (ドイツ、デュースブルク=エッセン大学 教授)

講演は英語で行います。

専門領域
Sociolinguistics, language policy, Japanese society
主要業績
  • Florian Coulmas (2022) Language, Writing, and Mobility: A Sociological Perspective. Oxford University Press.
  • Florian Coulmas (2022) Dutch and German: Mediator languages of science, politics, and law. In: John C. Maher (Ed.) Language Communities in Japan, 191-198. Oxford University Press.
  • Florian Coulmas (2019) Identity: A very short introduction. Oxford University Press.
講演要旨
Are some writing systems better than others? Are there any reasonable and reliable criteria for evaluating writing systems? Against the background of these questions, this lecture compares writing systems with a special focus on the Chinese writing system. The starting point is a remark by the German philosopher Georg Friedrich Hegel, who describes the alphabet as “in and of itself more intelligent”, which suggests a positive answer to the question of a possible qualitative assessment of writing systems. However, the standards that are applied in order to come to judgements of this sort must be examined critically. I will discuss several criteria, and compare the evaluation of writing systems with that of other notation systems.
事前申し込み
登録フォームより開催前日までにお申し込みください。
  • 申し込みの締め切りは、12月19日 (月) 正午です。
  • 申し込み承認後、参加情報等が自動送信されます。
  • いただいた個人情報は、個人情報保護ポリシーに則り厳正に取り扱います。
キーワード
講演会、オンライン開催、NINJALコロキウム、語彙・意味、文字・表記
NINJALコロキウムとは

国内外の優れた研究者を講師にお招きし、日本語・言語学・日本語教育のさまざまな分野について最前線の研究成果をお話しいただく講演会です。一般に公開していますので、教員・大学院生を問わず、ご自由にご参加ください。 (参加無料)

スケジュール : 不定期。原則として、1ヶ月1回。
会場 : 国立国語研究所 2階 多目的室
Web開催の場合には、講演ごとに、事前の参加申し込みが必要です。


投稿をシェアする
note