著書紹介

最近の研究成果の出版物や,国語研究所の所員が執筆・編集した主な出版物をご紹介します。

太字 : 発行時の在籍者

学習者コーパスと日本語教育研究

書影

野田 尚史迫田 久美子 (編)

くろしお出版 (詳細ページ),2019年5月30日,ISBN 9784874248003

本書の目的は,日本語学習者の言語データを集めたコーパスをどのように拡充させていけばよいか,また,すでにできているコーパスをどのように活用して日本語教育研究を行えばよいかを示すことである。
日本語教育に実際に役立つ研究を行うためには,理論から出発するより学習者の言語データから出発するのがよいことが多い。しかし,個人で集められるデータには限りがある。そのため,データをコーパスとして公開し,共有することが重要になる。
同じデータをもとにしても,研究者によって注目することが違うことが多い。公開されたコーパスがあれば,1つのデータからさまざまな研究が行われる可能性も高くなる。
(中略)
現在は,日本だけでなく,海外でもさまざまなコーパスが作られ,インターネットでの公開も進んでいる。しかし,日本語学習者の日本語を分析し,日本語教育に役立つ研究を行うためには,さらにさまざまなタイプのコーパスを作っていく必要がある。また,コーパスを使った研究のテーマや研究方法をさらに多様化する必要がある。
本書では,これまでのものとは違うタイプのコーパスを構築することを提案するとともに,すでに構築されているコーパスを使いながら新しいタイプの研究を行った例を示す。今後のコーパス構築やコーパスを活用した研究に刺激を与えたいからである。