このプロジェクトは平成24年9月で終了しました。今後の更新予定はありません。

近代語コーパス設計のための文献言語研究

略称近代語コーパス
プロジェクトリーダー田中 牧郎 (たなか まきろう)
国立国語研究所 言語資源研究系 准教授
研究分野日本語学
キーワードコーパス,近代語史,近代語文献

概要

古代から近世までを対象とするプロジェクト「通時コーパスの設計」 (基幹型) を補い,「現代日本語書き言葉均衡コーパス」との間をつなぐものとして,「近代語コーパス」を設計する。国語研究所がこれまでに作成した「太陽コーパス」や近代語文献の電子化テキストなどをもとに,「近代語コーパス」の原型を作り,これを使ってコーパス近代語研究の開拓方法を研究する。また,重要な文献資料をリスト化し,コーパスの対象にする文献の選び方を検討し,コーパス化する文献言語の構造化や形態素解析の方法について研究する。後継プロジェクトが「近代語コーパス」構築に着手できる段階にまで,このプロジェクトが進める。