コーパス日本語学の創成

略称コーパス日本語学
プロジェクトリーダー前川 喜久雄 (まえかわ きくお)
国立国語研究所 言語資源研究系 教授
研究分野言語学,音声学
キーワードコーパス,定量性,実証性

概要

本プロジェクトは、大規模なコーパスを用いた新しい言語研究の方法を日本語研究の世界に定着させることを目標とした戦略的プロジェクトであり、特定の科学研究上の目標を達成しようとする通常の研究プロジェクトとはやや種を異にしている。この戦略的な目標を達成するために、国語研の KOTONOHA 計画で開発した一連のコーパスを初めとする各種日本語コーパスを利用した先進的な研究を「語彙・文法・文体・表記研究」「歴史研究」「音声・対話研究」の3領域で推進するとともに、一般応募も可能な公開研究会を開催して成果を普及する。

コーパスを利用した日本語研究は研究方法が確立されていないために,定量的な言語研究になじんでいない研究者の新規参入が困難である。本研究が着実な成果をあげることによって,この参入障壁を軽減させる効果が期待される。またコーパスの利用は,従来研究の再現性を欠く傾向にあった言語学の研究に追試可能性を導入することになり,その意味で言語学の科学性を高める効果が期待できる。