機関拠点型基幹研究プロジェクト

多様な言語資源に基づく総合的日本語研究の開拓

国語研が展開する共同研究は,1つの基幹研究プロジェクト「多様な言語資源に基づく総合的日本語研究の開拓」に包括されます。日本語の研究の深化に伴って狭く細分化された研究分野の壁を乗り越えて,日本語の研究を融合・総合化することと,英語中心のグローバル化世界において,日本語研究及び日本語そのものの国際的存在感を向上させることを目的として,国語研はこのプロジェクトを実施しています。

プロジェクトの目的

このプロジェクトは,全国及び諸外国の大学・研究機関との組織的な連携により,個別の大学では収集困難な規模の多種多様な日本語資料を収集・蓄積し,それらの創造的再構築により得られる電子化言語資源を大学及び研究者コミュニティの共同利用に供することで日本語研究の国際化を促進しようとするものです。同時に,それらの多様な言語資源を分析するにあたって,これまで細分化され相互連携が少なかった種々の研究領域を融合させることによって,新たな総合的日本語研究のモデルを開拓することをめざしています。

プロジェクトの研究成果は,国際出版を含む印刷出版物,コーパス・データベース等の電子成果物,専門家向け及び一般向けの多様な催し等,様々なメディアにより全国及び世界に発信されます。また,全国の大学に対して,新たに開拓する総合的研究モデルを教育プログラム化して提供することで,日本語学・言語学教育の機能強化に貢献するとともに,各種言語資源の包括的活用を可能にする検索システムの開発により共同利用の基盤を高度化することも目的の1つです。さらに,各地の消滅危機言語・方言の記録,保存を通じて,地方創生・地域活性化に貢献することも目標としています。

プロジェクトの体制

この機関拠点型基幹研究プロジェクトは,複数の大型共同研究プロジェクトと公募型共同研究プロジェクトから構成されます。それぞれの共同研究が,密接に連携することで,国語研の基幹研究を形作ります。

また,このプロジェクトは,国語研が所属する人間文化研究機構における,機関拠点型基幹研究プロジェクトの1つであり,そのうち国語研を拠点とするプロジェクトとして位置付けられています。それと同時に,人間文化研究機構が実施する広領域連携型・ネットワーク型の基幹研究とも相互に連携しながら,新たな研究領域の開拓をめざすものです。

基幹型
領域指定型 (公募型)
新領域創出型 (公募型)
共同利用型 (公募型)
  • NPCMJコーパスに対する日本語意味役割分析 (2019年4月~2020年3月)
  • 音声の個人内変化を推定するためのコーホート分析の有効性に関する実証研究 (2019年4月~)
  • 訓点資料の精密解読によるデジタルアーカイブの検証 (2019年4月~)
  • 言語接触における英語のインパクト : 語彙の英語化に関するウェルフェア・リングイスティクスの視点から (2019年4月~)
  • 語彙使用・漢字使用に着目した児童の文章作成能力の経年変化の実態調査 (2019年4月~2020年3月)
  • 第1~3次岡崎敬語調査調査票・調査員記録簿の分析 (2019年4月~2020年3月)
  • 大規模コーパスを利用した言語処理の計算心理言語学的研究 (2019年4月~)
  • 東北方言の地理的・世代的動態についての研究 (2019年4月~)
  • 難解用語の言語問題に対応する言い換え提案の検証とその応用 (2019年4月~)
  • 日本語音声の韻律的特徴におけるポーズと話速の実証的研究 (2019年4月~2020年3月)
  • 日本語研究の戦前と戦後 ―国立国語研究所草創期に関与した研究者を通して明らかにする日本語の研究史― (2019年4月~2021年3月)
  • 北海道調査データを再活用した言語変化の実時間プロセスの解明へ向けた研究 (2019年4月~)
  • 感謝表現研究における「各地方言収集緊急調査」資料の活用 (2020年4月~)
  • 音声談話資料を利用した大分方言60年間の変化の研究 (2020年4月~)
  • 日本語の自然発話における卓立認知に関する研究 (2020年4月~)
  • 国研の蔵書から見た海外言語地理学・言語地図の歴史と現状の研究 (2020年4月~)
  • 第二言語学習における音声生成能力の向上が音声知覚能力に与える影響 (2020年4月~)
  • 国立国語研究所創設期の研究者のノートから辿る日本語研究の歴史 (2021年4月~)
  • 方言音声と共通語音声の使い分けの変化に関する研究 (2021年4月~)
  • 単語分散表現と文脈依存単語埋め込み表現を利用した語義の埋め込み表現の構築 (2021年4月~)
  • 訓点資料構造化データの検証研究 (2021年4月~)
  • 言語をめぐる社会調査史料の活用法に関する研究 (2021年4月~)